初心者さんでもお手軽に♪ビニコでもできるファスナーの付け方講座

by yunyun
f0023333_16255752.jpg

 
今日はファスナー付けの詳しい説明があればいいなぁ。。。とのリクエストから
基本形のファスナー付けのレッスンをさせていただきます ^^

ただ、こちらで紹介しているのは全て独学ですので専門的な部分はわかりかねます
専門的な方がみると”それ違う。。。”という突っ込みもあるかもしれないと内心ドキドキなのですが
参考までに見ていただけたら嬉しいです ^^♪

せっかく作るなら、自分のペンケースでも作ろうかと、大き目のペンケースを作ってみました

今回は一枚布でもお手軽にできるビニールコーティングを使って、ファスナー付けのみご紹介
使いやすいポーチのパターン公開は後日予定しています♪
また、ここでは分かりやすいように玉付きのファスナーを使用していますが
☆フラットニットファスナー☆でもやり方は同じです

ビニールコーティングの生地を縫うときは
針は14番がお勧め。ミシン糸は♯60など、普段使用しているもので充分です

テフロン押さえは今回は使用しませんが、ビニールコーティングを縫うときにはあると便利です
f0023333_16235454.jpg


まずはファスナーと生地を表あわせにして重ね、クリップなどで数箇所とめます

画像のようなポーチを作る場合は、ファスナーの初めの部分を三角に折ってから縫い進める方法が一般的ですが、私が講習で教えている生徒さんの中には、ここで針がうまく進まないことが多いので
今回は折らずにまっすぐ縫う方法をご紹介しています
記事の一番最後に処理方法を番外編の画像にて紹介していますので参考になさってくださいね

f0023333_16315415.jpg


表あわせとは、このように表になる面と面を重ねることを言います

f0023333_16285819.jpg


ビニールコーティングの生地など、針が刺せない素材の生地を使用する時は
こういったクリップがあると便利です

パイピング作業にも向いています
いずれも100円ショップなどで手軽に手に入るものです

f0023333_16334855.jpg


そして、合わせた所からファスナーを数センチほど開きます
ここでは7cmほどずらしています

f0023333_16372933.jpg


画像で分かりやすいように、返し縫いの線を入れていますが
実際には一本の線で同じ場所を縫います

f0023333_1639642.jpg


画像にもあるように、ファスナー付けではこういった”片押さえ”のパーツが必要になります

家にはない。。。という場合はファスナーの凹凸と平らになるように厚紙などを添えるといいでしょう
でも、余裕があれば買い揃えるのもいい機会です
ファスナー付けができると楽しくて手作りの幅が広がりますよ~♪


機種によって違いますが、ブラザーはこちらがお勧めです
我が家のは、たまたまミシンパーツに含まれていたものですが、玉付きのファスナーでも移動せずに縫えます

f0023333_1645514.jpg


話が脱線しましたが。。。
縫い進めるとちょうど開いていたファスナーとの境目に来ます
ここで針を止め、針が刺さった状態で押さえのレバーを上に上げます
f0023333_16472896.jpg


ここでファスナーの玉を元の位置に戻してあげます

f0023333_16512443.jpg


そして最後はしっかり返し縫いをして針を止めます
ファスナーの縫い線は画像を参考にしてみてください

f0023333_1655249.jpg


次に端ミシンの準備。。。
縫い終わったら、縫い目を折り、しっかり指先で抑えます
f0023333_16572421.jpg


押さえのパーツを一旦外し、ビニールコーティングを縫えるように準備をします

布に当たる面がざらざらでないと押さえと布がくっついてしまって針が進まなかったり
進んでも針が折れてしまったりするので、ここでマスキングテープを使用します

セロファンテープなどもビニールなので不可
マスキングテープなど、ザラザラした面になるテープを使用します
f0023333_1721465.jpg


先ほどと同じようにファスナーを数センチずらしてから縫い始めます
ここでは2~3mmくらいの端ミシンがベストです ^^
難しそうですががんばってみましょう♪
f0023333_174164.jpg


そしてこちらも先ほどと同様、ファスナーの境目のところにきたら
玉を元の位置に戻して最後まで縫います
最後もしっかり返し縫いをして針を止めます
f0023333_1761546.jpg


片側が縫えたところです
端ミシン、綺麗に入りましたか?
f0023333_1792770.jpg


片面が出来上がったところで、次は反対側のファスナー付けも同様に縫いつけます

f0023333_17111652.jpg


最初のファスナー付けと違うのは、開閉の玉がないこと
なので、ここは端からファスナーを閉じた状態で縫い始めます
もちろん返し縫いを必ず入れてくださいね

f0023333_1715274.jpg


最後のほうになると、また開閉の玉が邪魔になってきます
ここで一旦針を止め、針が刺さった状態で押さえのレバーを上げて・・・
今度はファスナーを開いて金具が当たらないところまで移動させてから押さえのレバーを下ろし
最後まで縫います
f0023333_17203961.jpg


もちろん、最後もしっかり返し縫いをします
f0023333_17222781.jpg


さて。。。
ここからが最大の難関です
特に細長いポーチほど大変な仕上げの端ミシンとなります

さて、、、準備はいいですか~
f0023333_1725215.jpg


画像をしっかりご確認下さい。。。
口で説明するより画像で説明したほうがわかりやすいかと思いますが
布の向きや置き方に注意して、画像を真似して置いて見てください

そして、画像のように5~7cmほどファスナーを閉じた状態でトンネル状態にします

f0023333_17304632.jpg


そしてファスナーの玉の部分まで来たら、針を止め、針が刺さった状態で押さえのレバーを上げて
ファスナーを移動します

f0023333_1733404.jpg


再び押さえのレバーを下ろし、あとは最後まで縫い進めて最後返し縫いをして終了です

f0023333_17361574.jpg


これでファスナー付けが完成です♪♪
今回はファスナーの付け方講座ということでここで終了です ^^

そして番外編。。。
f0023333_17431932.jpg


画像のようなポーチを作る場合は、ファスナーの初めの部分を折ってから縫い進める方法が一般的ですが、私が講習で教えている生徒さんの中には、ここで針がうまく進まないことが多いので
今回は折らずにまっすぐ縫う方法をご紹介しました

そして縫い終わった最後に端を縫う方法をお勧めしています ^^


いかがでしょうか?参考になりましたか?
是非一度挑戦してみてくださいね ^^


    



こんなトラコミュも参考に是非♪


::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています




但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^




 
[PR]
by amour___neige | 2011-05-09 18:27 | +ファスナーの付け方講習

心地よい手作りの時間と暮らしの中のDIYを楽しんでいます。 千葉県在住。


by yunyun
カレンダー