「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:+内布付レッスンバッグの作り方( 1 )

by yunyun
f0023333_2293831.jpg


200万アクセスを記念して
いつもの感謝の気持ちを込めてた~っぷり時間をかけて
今回もレシピ公開いたしました~!!

今回はちょっと手作りする人には物足らない内容かもしれませんが
ちょこちょこっと小技を挟んでの紹介とさせていただきました

ハンドメイドがお得意な方も
これから挑戦しようと思ってる方にも是非お役にたてればと思います


今回のレシピは基本形はレッスンバッグとしていますが
縦横のサイズを変えればお好みのサイズで作ることができますので
是非これを機に内布付のバッグにチャレンジしてみてくださいね♪

f0023333_2210543.jpg


(出来上がりサイズ: 高さ 30 幅40 底マチ4 持ち手32)


追記(2014.2.14):

出来上がりサイズのご質問が多いので
画像訂正して記載し直しました
追記(2014.8.29)

表面ポケットサイズ表記に誤りがありました
正しくは44cmです
訂正しています

尚、こちらでは持ち手の仕上がりサイズ32cmにしていますが
30cmにするなど、お子様の成長や用途に合わせてお好みで変更してみてください




最初にお願いです
こちらのフリーレシピは
時間をかけて丁寧に編集しながら皆様のお役にたてればと公開しています

私自身の少ない経験値での紹介となりますため
専門知識はございません

自分ならこうしたほうが・・・
など自分が教えることに携わったことで知り得た知識を含めての公開となりますので
専門的な目線からだと間違ってる部分もあるかもしれませんが
あらかじめご承知の上参考になさってくださいね

最近嬉しいことにフリーレシピの件でお問合せを頂くことが増えましたが、
レシピ自体自由にお使い頂いて構いませんが
万が一こちらのページをコピーし講習などに使用される場合は
メールにて一言ご一報くださると励みになります



f0023333_23193853.jpg


今回はちょっとかわいい柄生地から ^^

幼稚園バッグなどを作るとき、キルティングでなかなかこれという生地がみつからない場合
内布をキルティング生地に変える方法もお勧めです
今回はその方法で紹介しました


まず、生地の耳を切り落とします
(画像で赤い線の部分です)
ここを含めて裁断するとどうしても寄れが生じてしまうので
使う生地の素材にもよりますが、おおよそ1,5cm切り落とします

今回は柄に合わせて耳を裁断しました

f0023333_22121732.jpg

同じものでなくてもサイズを揃えてからスタートです

f0023333_09312029.jpg
ポケット口のみ縫い代2cmで、他は縫い代1cmとなります
f0023333_14265415.jpg
縫い代 1cm




+ 表面・背面サイズ : 縦 34 横幅 44
+ 内布キルティング : 縦 66 横幅 44
+ 持ち手2本    : 長さ34 幅 10
+ 表面ポケット   : 縦 23 幅 44

今回生地は45cmからの裁断となりましたので
ハギレを生かしてみました(最後に紹介しています)

購入した生地幅で残らない場合もあるので参考までにどうぞ

持ち手はカバンテープというアクリルテープがあるので
別で準備される場合はパーツの裁断と作り方は飛ばしてください

f0023333_2216634.jpg

まず最初に持ち手を34cm2本作ります
(持ち手の長さはお好みで変えてください。)
こちらは縫い代記入不要なので最初に作ってしまいます

半分に折り、折り目を付けます

一旦広げて最初に付けた折り目に合わせて上下の布を畳み4つ折りにします

f0023333_2217361.jpg

待ち針で数か所とめて、布の端から1cm先に針を落とし
返し縫いをしてから直線縫いスタート

返し縫いボタンは押し続けて進み、指を離すと止まります

f0023333_22172665.jpg


持ち手のステッチは端から2mm位のところが目安なのですが
このギリギリなステッチでは針が落ちてしまうこともあるので

そういう場合に役立つのがマスキングテープ

ミシンにもガイドラインはあるけど、一番欲しいのがこの部分

これをすると不思議とまっすぐきれいにバランスよく縫えます
ただし、縫う時は針を見ないように、マステと布の位置を確認しながら縫い進めてください

針を見るとどうしてもミシン目が安定しません
ちょっと勇気いるけど試してみてくださいね
これが結構不思議なくらい綺麗な仕上がりになります

特に黒や紺色など色の濃いものてでミシン目が確認しずらい布を扱う時は
この方法がとっても役に立ちます

年齢を重ねるとどうしても不自由になってくる目
それでもミシンを続けるにはこういう工夫を知ってるだけで
糸通しだけでなくストレスも減ってくるかと思います
この方法は自分が教える講習でも役に立ててます ^^

f0023333_2222462.jpg


そして両サイド同様にステッチを入れて2本完成


持ち手が完成したところでメイン生地の準備です

f0023333_09312029.jpg
ポケット口のみ縫い代2cm 他縫い代1cm


*用意した表地の生地。パーツ3つ
表にポケットを付けない場合は、表面 背面パーツのみ2つ用意します

画像に記載されている赤い線のみ縫い代線を記入します


f0023333_2222494.jpg


直線の縫い代線を記入する時、あると便利なのがこの透明なマス付の定規
そしてシャーペンタイプのチャコペンです

定規は100円ショップで30cmと50cmのものがあるので
一つ揃えてあると便利なので是非見つけてみてくださいね ^^

その話を生徒さんにすると毎回驚かれます(笑)
侮れません今どきの100均


クローバーさんの正規品も軟らかくお勧めです

チャコペンは色もピンクブルー黄色、そして私が一番使う鉛筆色もあります


f0023333_22262127.jpg
縫い代1cm

*用意した内布の生地。パーツ2つ
キルティング、ポケット生地

+ キルティング地 : 縦 66 幅 44 
+ 内ポケット   : 縦 32 幅 22


f0023333_2228529.jpg


”わ”にした状態で底の部分は画像のサイズで裁断します

”わ”にした状態で切り落とす場所のサイズの計算方法
(底マチにしたいサイズ-2)÷2 =画像①の部分
①+1=画像②の部分

この作品の場合、
(完成時の底マチのサイズ4-2)÷2=1(①のサイズ)
1(①のサイズ)+1=2(②のサイズ)

作りたいサイズに置き換えて計算して底マチを作ってみてくださいね ^^

”わ”ではない場合の底マチの計算方法は
(底マチにしたいサイズ-2)÷2+1=①
①=②

例えば、今回の内布が1枚でなく2枚で仕立てる場合
(底マチにしたいサイズ4-2)÷2+1=2(①のサイズ)
2(①のサイズ)=2(②のサイズ)

私の独自の計算方法なので専門的にはわかりかねますが
この計算方法を覚えておくと、いろんなサイズで底マチができるので参考になればと思います



f0023333_14265415.jpg
縫い代1cm

広げた状態
”わ”の位置を確認できましたでしょうか

以前講習中に”わ”ってどういう意味ですか?と質問を頂いたので
今回細かく説明に加えました ^^


f0023333_222855.jpg


まず表面の外ポケットの口の部分を縫います
(ポケットを付けない方は飛ばしてください)

縫い代線はこの部分だけ2cmになります
縫い代線に合わせて布を折りたたみ3つ折りにしてステッチを入れます

こちらもガイドにマステを使用します
f0023333_22322025.jpg


縫い終えたところ


f0023333_22325622.jpg


これを表生地パーツ①に周囲を仮縫いで縫い合わせるために待ち針でとめます
このポケットの高さの位置が両サイド同じ場所に来るように切込みを入れておきます

チャコペンでしるしをつける方法もありますが
”ノッチ”と呼ばれる合印の切込みは裏からも表からも確認できるのでもとっても便利です

f0023333_22331994.jpg


場所が決まったら早速縫っていきます
順番はまず底を縫ってから両サイド、上から縫います
この時布目の幅は3mm以上にするとスムーズです 
お手持ちのミシンで設定が変えられるようでしたら試してみてください

f0023333_22361273.jpg


縫う場所は縫い代内5mmほどです

f0023333_22355039.jpg


縫い終わったらポケットの中心部分に仕切用のステッチをいれます
この時水で落ちるチャコペンなどを使うと便利です




f0023333_22374262.jpg


縫い始めは下から

ポケット口まできたら針が落ちたところで回転させて逆戻りしながら重ねて縫います
こうすることでポケット口の解れが防げます

(レースを挟む場合は挟み込む分縫い残してターンします)

f0023333_22381330.jpg


レースは付けてもつけなくてもいいですが、今回はアクセントに加えました

縫い線を中心にレースを合わせて待ち針で留め

f0023333_22385468.jpg


ぐるっと1周縫い合わせます
レースはできるだけ端を縫うとヒラヒラ部分が落ち着きます
f0023333_22391218.jpg


これでようやく表地の表側生地が完成です

f0023333_22393618.jpg
縫い代1cm

画像のように表あわせにして、底の部分の縫い代を縫い合わせます


f0023333_22401068.jpg


次に底マチの部分を作っていきます
これは以前紹介した”バネポーチの作り方”に登場する折りたたみ法です

今回底マチの大きさを4cmに設定したのでその半分2cmが基準となります
両サイドに縫い合わせた場所から2cmの位置に合印の切込みを入れます

底の生地が蛇腹の中心に、切り込んだ部分が底に来るようにたたみます

f0023333_2242337.jpg
縫い代1cm

この状態で待ち針でしっかり留めて上から縫い代線に合わせて縫います
反対側も同様に縫い代線に合わせて同じ方向から縫います

f0023333_2242225.jpg


これで表地完成としたいところですが
もう一つの手順、ここで持ち手を付けます

表地が袋状になった裏の状態のまま2枚重ねた状態で
画像のしるしの場所に合印の”ノッチ”をいれます
中心から6cmずつの”ノッチ”です

f0023333_22434781.jpg


それに合わせて持ち手を合わせ5mmのところで仮縫いします

持ち手は縫い合わせのほうが外側に来るように合わせます
また、縫い目がきれいな面を表面に合わせるといいです

この方法で縫い合わせると持ち手のずれが解消されます
しるしだけだと縫い合わせるときどうしても微妙にずれてしまうのですが
この切込みがあるとスムーズです

今回レッスンバッグなど幅の広いものだったので12cmとしましたが
バッグの幅に合わせて15cmにしたり10cmにしてくださいね

持ち手が付いたところで表袋の完成です

表に返したい気持ちを抑えてこのままの状態にしておいてくださいね ^^


*内布の制作

f0023333_22444186.jpg
縫い代1cm


まずは内ポケットを作ります
今回紹介するのはとってもシンプルな作り方なので是非試してみてくださいね 

まず画像の通り返し口を残して縫い合わせます

f0023333_22452317.jpg



返し口から表に返す時は
角を折りたたんで、指で押すように表に出すと目打ちを使わなくても
かなりきれいな状態で角がでます

この方法はコースターなど角のあるものを作るときに有効です ^^
角を切り落とす方法もありますが、私は断然この方法をお勧めします
ただし厚みのある生地などは切り落としたほうがいい場合もあるので
用途に応じて試してみてくださいね

f0023333_2246024.jpg


内布にも同様、中心に”ノッチ”を入れておきます
ポケットの位置は今回は上から6cmの場所にしました

3か所くらいしるしをつけて待ち針で留めぐるっと縫います
ちなみにポケットの返し口は縫わず、内袋本体に縫い付ける時に一緒に閉じます

f0023333_22481313.jpg


基本系のポケット口の縫い方は三角にして下書きを書いておくととっても便利

f0023333_22491235.jpg
縫い代1cm

ポケットがついたら、裏にしてたたんで両サイドを縫います
縫い始めは常に上からになるように、縫い代のしるしは表裏右側だけです

この時一か所返し口を作っておきます

f0023333_225135.jpg


底マチはあらかじめカットされているので、それに合わせて1cmの縫い代で縫います
今回4cmのマチだったのでちょっとわかりにくいですが
マチが大きくなればなるほど便利な方法です ^^

f0023333_22512852.jpg


そして完成したら表に返します

f0023333_225145100.jpg


先ほど完成した表地を準備し、ポケット側が表地の背面になるように
袋の中に入れます
これが表あわせです

この時、目に見えるものは両面とも縫い代が見える裏側の状態です

ここでサイドの縫い合わせを綺麗に始末する方法を紹介します

f0023333_22521365.jpg


画像のように縫い代を開かず交互に倒します
こうすることで厚みが均等になり、縫う時のずれも軽減されます

今回キルティング生地だったので厚みが均等になることはなかったですが
小技紹介のためこのようにしました
それでもこのくらいの厚さならばこの方法がお勧めです

f0023333_22524531.jpg


待ち針でしっかり留めてぐるりと一周縫い合わせたら裏にして広げます

f0023333_2253361.jpg


先ほど作った返し口から布を引っ張り出して表に返し形を整えます

f0023333_2253226.jpg


先ほど交互に縫い代を倒して縫い合わせた部分です
これだけキリッときまるから不思議です ^^

先ほど表の生地を蛇腹にした部分はこんな風になるんです
畳み込んで縫い合わせただけでこんな便利なマチが自動的に完成なんて
知っておくと便利な技ですよね ^^


私も初めてこれを見たとき、洋裁のお仕事をしている友達に
作り方を教わって初めて作ったときは感動しました~!

ポシェットなど作るとき便利な方法です
三角の部分を縫い合わせたり、ボタンを付けてアクセントにしてもいいですよね ^^

f0023333_22545216.jpg


さぁここまできたらあと一息です
頑張ってください

アイロンで形を整え、待ち針でふくらみを抑えてから口の部分にステッチを入れます

f0023333_22562454.jpg


やっぱりマステを用意して5mmくらいにステッチを入れます
私は大抵ミシンパーツのぽつっと凹凸のある部分を目安にしています
(画像で赤い○で囲まれた部分です)

そして更にもう1本。
3mmほど間隔を置いてステッチをいれると持ち手もしっかり留まるのでお勧めです

f0023333_22571445.jpg


最後に内布に残した返し口を”コの字閉じ”でまつります
この方法は以前も紹介した”シュシュの作り方”に詳しく掲載しています

わかりやすく縫い合わせた部分がわかるようにしてみました

これをキュッとひっぱると

f0023333_22581059.jpg


あら不思議~♡
縫い目が見えません♪

f0023333_22592219.jpg


そしてこれにて無事完成!!

f0023333_22595710.jpg


背面は柄の配置違いです♪


お疲れ様でした♪
でももうちょっと頑張っちゃう!?って方には
続き。。。

f0023333_22584519.jpg


おまけですが

裁断した際に持ち手のサイズに合わせてカットして残った端切れを使って
可愛いアクセントのリボンを作ってみました

f0023333_2259822.jpg


まず横半分に返し口を残して縫い合わせます

縫い代を割って画像のように広げて両サイド縫います
返し口から表に返し、口を閉じたら蛇腹に折りたたんで縫い合わせます

レースをボンドで止めたら完成です♪
f0023333_2311950.jpg


ブローチピンを付けるといろんな場所にアクセントにもなります
ヘアゴムを縫い合わせると可愛いヘアアクセサリーにもなったり 
是非端切れも無駄なく使ってみてくださいね♪


今回はベーシックな形を元に初めての方でもわかりやすく馴染みのあるデザインにしました
ただ、失敗した~ ><と思ったのは生地選び。。。
黒は縫い目も表現しずらくて ^^;
やっちゃったかなぁ。。。と思いましたが
ポイントポイントで少しでも参考になれば嬉しいです ^^

少しできるようになったら、内布のキルティングに表の生地を少し合わせて切り替えにしたり
マグネットボタンを付けたり
いろんな方法があるので是非いろいろ研究しながらチャレンジしてみてくださいね ^^

ご質問はいつでもお気軽にどうぞ ^^

こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^


[PR]
by amour___neige | 2013-07-10 23:07 | +内布付レッスンバッグの作り方 | Comments(42)

心地よい手作りの時間と暮らしの中のDIYを楽しんでいます。 千葉県在住。


by yunyun
カレンダー