「ほっ」と。キャンペーン

タグ:簡単レシピ ( 13 ) タグの人気記事

by yunyun
f0023333_10480451.jpg
今日は昨年紹介したマロン巾着のフリーレシピからの
アレンジバージョンを紹介させてくださいね ^^

既にSNSではたくさん作って下さったご報告頂き
感激しております♪
ここで改めて作り方の紹介です ^^
フリーレシピはこちらからDLできます
http://yunyuns.exblog.jp/22700781/
f0023333_10475906.jpg
秋冬なツイードとウールの組み合わせ♪

f0023333_10480942.jpg
後ろ面ははぎあわせを変えて
D缶をつけたので持ち手をつけてポシェットや、バッグinバッグにも♪

f0023333_10481415.jpg
そして今回のレシピの紹介の最大ポイントはここ
内布付ファスナーポーチで簡単で、かつ”への字”にならない作り方

f0023333_10555114.jpg
”へ”の字ってのはこの○で囲った部分
かなり初期の頃に作った作品ですが、この頃はまだ全然研究心もなく
でもこの”へ”の字が気に入らなくってたまらなかったー

それを昨年の夏は、今年こそ!っと克服したくて
研究した結果
あんまりにも単純すぎてゴメンナサイなくらいあっという間に解決したのでした

今日はそこのところを、ファスナーの付け方と共に紹介させてくださいね ^^

::

f0023333_10482176.jpg
まずはDLしてプリントした型紙を用意

その型紙の縫い代を上部は7mmに、サイドは5mmにしてカットします

f0023333_10484703.jpg
この縫い代がなんで5mmかというのは
ファスナー自体の縫い代が1,5cmずつあるので
およそファスナーはサイズごとに+3cmとなるのです
例えば、20cmファスナーなら23cm
30cmファスナーなら 33cm。。。という風に
その長さをマロン巾着の型紙に合わせてあげます

今の状態だと、縫い代を1cmずつプラスすると、1cmオーバーしてしまいます
なので5mmずつで調整し23cmにします

ここで気を付けてほしいのは、実際に縫う時につかう縫い代は1cmだということです

もし型紙に合わせて1cmの縫い代をプラスしてもファスナーの幅とちょうどいい場合は
この工程は外して大丈夫です
f0023333_10485985.jpg
早速ファスナーを縫い付けていきます
この時、最初の縫い始めは三角に折りたたみ、画像の様に待ち針で留め
スライダーは5cmほど下におろしておきます
f0023333_10491161.jpg
最初に針を下す位置は待ち針で止めた場所
ここから返し縫をせずにまずは、3目程縫い進めます
針が一番絡みやすい場所なので、手で回して進めてもいいかと思います

3目で縫い始めが落ちついたら返し縫いをしてから縫い進めます
なのでこの縫い始めは3重縫いになるということです
f0023333_10491703.jpg
最初に縫う線は端から5mm位の場所
ファスナーには線があるのでそれを目安にするといいです
f0023333_10492529.jpg
スライダーは適宜動かし、真横を縫わないように気を付けてください
ファスナーの縫い終わりはそのまま縫います

f0023333_11070443.jpg
最初の縫い線が矢印の所です
f0023333_11071199.jpg
次に内布を表あわせにします
f0023333_11072261.jpg
今度は端から7mmのところを縫います
この時何度も言いますが、針を見ないように
布の端をちょうど縫い代7mmになるようにマスキングテープなどでガイドを作り
そこに目線を置きながらゆっくり縫い進めます
f0023333_11073062.jpg
縫い代7mmで縫い終わりました

私の方法はファスナーを付ける際に2回縫うというやり方です
一番安心で確実な方法なので、手間ですが是非試してみてください ^^
f0023333_11073940.jpg
さて、ここからが、あの”への字”にならない必殺技です
内布を反対側に倒し、表布だけに待ち針を止めます
f0023333_11074759.jpg
裏面はこんな風に縫い代を片倒ししています
f0023333_11075492.jpg
ミシンパーツの片押さえの位置を変えステッチを入れます

この作品では2本のランダムステッチを加えています
これも私なりのステッチなので、参考までに。。。
f0023333_11080128.jpg
裏面は本線1本と、ステッチの2本で、計3本の線になります
1本のステッチでももちろんOKです
f0023333_11091775.jpg
同じ方法で反対側も縫い合わせます
f0023333_11092802.jpg
裏にするとステッチがかかっていないのがわかります
f0023333_11165409.jpg
このあとは、マロン巾着の作り方同様です
私は底の中心から縫い始め。。。タックを決めてから。。。
f0023333_11170141.jpg
表布と内布の接ぎ合わせの重なり部分は慎重に。。。
f0023333_11170995.jpg
ぐるっと1周。
最初のミシン目に重ねて縫い返し縫いをして終了

f0023333_11171729.jpg
返し口も同じ場所。ここから表に返します
f0023333_11172568.jpg
最初に三角にしてファスナーを縫った場所はこんな仕上がりに
f0023333_11210342.jpg
きれいに収まってるのが理想です
f0023333_11214406.jpg
肝心な反対側も角が出るくらいが理想的♪
先のとがっていない鉛筆の先のようなもので出してあげるときれいです
プラスのドライバーとか便利かも ^^
f0023333_11174417.jpg
そしてもう一つ、底のタックは中心に向けて縫い代を片倒しにするので
厚みのあるものだと膨らみすぎてしまいます
その場合はタックを反対側に倒してあげてもOK
仕上がりは少しはなれた位置にタックが出来ますが
同じように自立してくれます ^^

f0023333_11173560.jpg
カシメや革を使ってこんなアレンジも♪
マチもあるので結構収納力あり

例えば内ポケットを付けてもいいし
DSポーチにも最適です♪

是非皆様からのいろいろアレンジ、作ったよー報告も待ってます♪
とっても嬉しくってウキウキしちゃいます♡

よかったら皆様の手作りにお役立てくださいね♪
   

ブログランキング・にほんブログ村へ

   



こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです

但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ

大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^



[PR]
by amour___neige | 2015-01-09 11:47 | +フリーレシピ | Comments(30)
by yunyun
f0023333_08194841.jpg
(2014.9.3 追記... バネ口2WAY仕様について画像と説明追加しました)

アレンジレシピ:仕上がりが綺麗なファスナーポーチはこちら

お待たせしました♪
マロン巾着のフリーレシピ大公開です ^^

布あわせを楽しむことをコンセプトにした、neige+オリジナルのパターンです

今回はデコレクションズさんのかわいい生地からの布合わせ

楽天ショップ : デコレクションズ

お家にある端切れを組み合わせて
是非世界にたった一つのあなただけのオリジナルを作ってみてくださいね

皆様の手作りのお役にたてれば幸いです ^^



にて掲載いただきました
f0023333_09035758.jpg
neige+ オリジナルパターンです

紐を口金に変えるとバネポーチにもなる2WAY仕様になっています

たくさんの方に使っていただきたく
フリーレシピとして自由にDLできるようにいたしました
是非皆様の活動に自由にご利用下さいませ

また作ったよー報告もお待ちしています ^^
その際はブログやneige+公式Face bookにてシェアさせていただきます


f0023333_08195262.jpg
表面だけでなく、裏面も布あわせを楽しめるデザイン

f0023333_08195690.jpg
マチ付なのでポテッとした形が
まるで栗のよう♪
ということで”マロン巾着”と命名しました

是非たくさんの方に作ることを楽しんで頂けたら嬉しいです


::

f0023333_22543862.jpg
まずは型紙通り、生地向きに注意して裁断します
縫い代はついていないので各パーツごとに1cmの縫い代を付けて断ちます

内布生地は口の部分だけ4cmの縫い代が必要です

内布に使用する生地はギャザーが綺麗にでやすい
シーチングなどの薄手のものを使うのもポイントです


f0023333_22544516.jpg

片側ずつパーツを縫い合わせます
ちょっと斜めってるので正解です



f0023333_10063621.jpg
始めに。。。
まっすぐ縫う時のポイントを紹介

針を見ない。どこか目安になる場所を決める


これが一番です
例えば、今回の例は縫い代記入を省略していますが
この10mmのラインに布を合わせてみました

お手持ちのミシンにこのガイドラインがない場合は
ミシンの針からちょうど10mmになる場所にマスキングテープなどで
ガイドラインを作ってみましょう
f0023333_11130910.jpg
例えば暗い時間に色の濃い生地を縫う場合、どこを縫ってるかわからなくなる場合も
この方法が役立ちます

特に夕方はこの方法で効率的に作業するのがお勧め ^^

f0023333_11130130.jpg
f0023333_11130584.jpg

布の位置に注意して縫えば、びっくりするくらいまっすぐに縫えるので

是非お試し下さい ^^


f0023333_22544818.jpg
縫い始めと縫い終わりには返し縫いをしっかりとお忘れなく

f0023333_22545185.jpg
反対側も同様に縫います

f0023333_22545763.jpg
両サイド縫い終わったら、両方とも縫い代を内側に倒し
コバステッチ (端から2~3mmのステッチのこと)をかけます
際すぎると針が落ちてしまいますが、できるだけ際を目指すときれいです

f0023333_22545426.jpg
反対側を縫う時にタグを挟み込みたい時など
サイズの目安になるのは下から6cmくらい
この辺が一番きれいに収まります


f0023333_22550014.jpg
2枚とも完成したところ

f0023333_22550539.jpg
型紙裁断の際に合印を付けておきますが
忘れた場合は型紙を置いてノッチを入れます
目安ははぎ合わせの部分から2cmです

f0023333_22594469.jpg
待ち針でしっかりおさえます
裏面にするとこんな風。。。なのも一緒に写してみました

f0023333_23004317.jpg
更に縫い代内5mmの所で仮縫いをします
この時軽く縫うだけだとタックが取れてしまい
ズレの原因になるので
まっすぐ縫ったら返し縫い。。と2重縫いをしておくといいです

f0023333_23004788.jpg
次に内布も同じ作業をします
合印は表面のはぎ合わせの所と、合印と描かれた2か所
5mm位の切込みを入れておきます

f0023333_23005185.jpg
表布と同様にタックにし縫います

f0023333_23005751.jpg
これで全てのパーツが揃いました



f0023333_23010112.jpg
次に表布と内布を表あわせ(生地の表面と表面が合わさること)にし待ち針でとめます

f0023333_23010411.jpg
このくらい布がずれてて正解です

f0023333_23010896.jpg
2つとも縫えたところ

f0023333_10202227.jpg
合わせた生地を広げ、縫い合わせた場所から内布3cmの所に合印を入れます

こちらは両サイド同じようにしっかりしるしをつけておきます
ここは 縫い始め ・ 縫いどまり の印です

f0023333_09130072.jpg
追記。バネ口を入れて仕上げる場合はこの合印3cmの部分を口金の倍幅に合わせます
1cm幅のものは画像の通り3cmのままで
1,5cm幅のものは3,5~4cmに広げる必要があります

バネグチは数ミリ~マックス5mmまでゆとりがあるほうが入れやすいです


f0023333_23011268.jpg

出来上がった2枚のパーツを表合わせ(生地の表面と表面が合わさること)にし
待ち針で留めます

縫いどまりがわかりやすいように白い待ち針で留めています

両方とも縫い代は表側に片倒ししておきます


f0023333_10343562.jpg

縫い始めと縫い終わりのしるしに合わせ

内側の布をタックまでを2本縫います

タックとタックの間は返し口になるので縫い合わせないように気を付けて下さい

f0023333_23011658.jpg
縫い始めと縫い終わりにはしっかりと返し縫いをすること



f0023333_23012472.jpg
次に表側を縫います
縫い始めは、内布とのはぎあわせ部分ぎりっぎりの際からスタート

返し口は内布のみに必要なので、表側は一気に縫い仕上げます
この時、タックの縫い合わせがずれないように気を付けて
待ち針もぎりぎりまで外さないようにゆっくり縫ってください

f0023333_23012795.jpg
縫い終わりもはぎあわせのギリギリの部分


表側を縫い合わせる時、両サイドの縫い合わせはかなりポイントになるので
ずれがないように気を付けるときれいに仕上がります

f0023333_23013115.jpg
返し口を残して縫い終わったところ

f0023333_23021087.jpg
このタイプのカーブはさほどきつくないので
切込みはあまり重要ではありませんが
よりきれいに仕上げるために
カーブのきついところに5mm位の切込みを入れておくといいです

f0023333_23021934.jpg
返し口から布を引っ張り出して。。。

f0023333_23022362.jpg
そうするとポッカリと空いたおちょぼ口が登場♪

これを折り返し内側に入れると。。。


f0023333_23022776.jpg
ちょうど半分が表面の口になって出てきます

際を待ち針で留めて。。。

f0023333_23023104.jpg
際ミシン
コバステッチをかけます

この時際すぎて縫い目がきになるわ~という方は
色糸ミシンがお勧めです
2本縫ってステッチ風に仕上げてもOK

f0023333_23023426.jpg
返し口はコの字閉じします

山になった部分をすくいながら平行に縫って引っ張ると。。。


f0023333_23023733.jpg
縫い目が見えなくなっちゃうマジック♪
より完成度が高くなるのでお試しを ^^

面倒な場合はミシンで縫ってしまってもOK

f0023333_23024118.jpg
両サイド片側ずつひもを通して完成♪

f0023333_23030996.jpg
紐通しにはこのアイテムが便利♪
こちら100円で売ってます



今回使用した紐は
ワックスコード紐 2mm 焦げ茶

60cm 2本必要です


::


フリーパターンはこちらから

フリーパターン DL : こちらをクリック (A4  1枚)


フリーパターンはご自宅のプリンターなどで印刷してお使いください ^^♪
ファイルを見るには”Adobe Reader”のダウンロードが必要です
(ソフトはフリーとなっていますのでご安心下さい)


こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています

 
< お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです

但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^



   

[PR]
by amour___neige | 2014-08-08 11:58 | +フリーレシピ | Comments(36)
by yunyun
f0023333_22483079.jpg
バケツトート
ついに完成しましたーーー!!

なんとあの縫いにくかった口周りのステッチも克服です ^^
こちらちょっと閃いちゃった方法があるので最後に紹介しますね


それにしても指先が震えるほど緊張したミシンステッチでした・・・ ><
しばらくプルプル

たまにはこういう緊張感大事だなと改めて感じたり・・・


ワンハンドルで作ろうとデザインしていたバケツ型トート
ビニールコーティングで丸底は本当に難しかったけど
達成感大!!


f0023333_22484956.jpg
口にマグネットを付けているので
閉じるとこんな感じ
でもちょっとここはマグネットじゃないほうがよかったかなーとも思ったり ^^

f0023333_22485565.jpg
ワンハンドルの持ち手は少し細めにしてカシメ留め

内側にはポケットも両サイドに付けてみました
ちょっと変わったデザインが面白い形です ^^

f0023333_22483810.jpg
革ハギレを買った時に入ってたオレンジの革タグが
いいおしゃれアクセントになりました ^^


こちらは試作でイベントにも並べるつもりで作っていましたが
これはちょっと試作でも並べたくないなーってくらい
納得できてないデザインなのでイベントに並べることは試作でもやめました
また改めて完成品を作り直します ^^

今回気づいた事とか、合わせて
ちょっと変化を加えて工夫してみたいなと思います

ってことでやっぱり試作は大事だなと ^^

今まだ途中になってるあのポシェットも試作を含めて4つも作ってるから
モチベーションが続かず。。。^^;
工程はちょこっとずつ進んでますがまだ仕上がってないのです(苦笑)
つくづく量産に向かないタイプだなと思いました私

それでもこのバケツトートは週末にまた改めて仕上げたいです

::

f0023333_22490001.jpg
そして先日ミシン目の目飛びがひどくて。。。
とお話しましたが
今日は生地の厚みも同じ状況で試し縫いをしてみました

今回は針を14号から16号に変えました

そのほかにミシン本体もなんとか工夫をと調べていたら
この布とミシンの間にシートを敷いてる感じの画像も拝見したり
ベビーパウダーやシリコンスプレーをミシンにするとか
いろいろ出てくるのですが
私はどうしても販売する身で個人的には抵抗があったので
できずにいたのですが・・・
もしかしたらまたマステ大活躍かも~!!??
と、閃いて、試しに送り歯を除いて全面貼りしてみました

このマステ
セリアでおしゃれマステが並び始めた頃に買ったのだけど
紙に貼っても粘着が弱くてあんまり使えいないなーと思っていたもの
100円だし、使えないなら思い切って使っちゃおう!!
・・・と。

f0023333_22490647.jpg
ちょうどバッグの口周りを縫うのでこうして輪の状態にしてますが
惜しみなく貼りまくりましたー!!
ちなみに茶色のマステは一応ガイドです
紹介画像にはあんまりふさわしくない雑な貼りっぷりですがお許しを ^^;

そしたらどうなったと思います?

なんと大成功!!!

普通地の様にスムーズに布が送れて縫えるし
ミシン目も納得の綺麗さ♡

厚みのある部分も我が家のJUKIではスイスイです♪

16号針にして穴がポコポコになっちゃうかも。。。と思ったけど
全然そんなことなく、むしろスムーズ!!

マステ。。。ここでも使えましたね~
侮れません
しかも剥がしてもマスキングテープは跡が残らないのも便利

きっとハンドメイド大好きな方は
こういうマステも好きなはず
でもって、ついつい買っちゃって、使わなくなってるものもきっとあるはずーー


楽天でもお得なの見つけました♪
可愛いし惜しみなく使えそう
ラッピングにも使えるのであると便利ですよね~

でも私がお勧めするのは100円ショップのマステです
気兼ねなく使えるところが嬉しいです


その眠らせてるマスキングテープを使って
是非このビニコにチャレンジしてみてはいかがでしょう!
きっとビックリすると思います

家庭用ミシンでもできるんだ!!と今日はなんだか戦い終えたように
気分爽快です(笑)

ただ、、速度は一番遅いカメさんモード
体が震えるほど緊張しましたが、嬉しい達成感を得られました♡

もしこの部分で止まって困ってる方に参考になればと思います
是非チャレンジしてみてくださいね ^^
特にCSさんのリバティビニコはこれとまるっきし同じ生地かと思います
(このドットもCSさんです)



つやありビニコを縫う時に準備すること・・・

ミシン針は 16号
普通地用ミシン糸 #60 or #50
マスキングテープ (表面がコーティングされていないもの)
ミシン目 2.8~3.0
必ず全く同じ状況を作って必ず試し縫いをしておく

::

職業用ミシンでも送りが難しいときはこのマステ技使えると思います
経験から一つ学びが増えました ^^
参考になればと思います

但し、絶対これで上手くいく!という保証はありませんので各自の責任でお願いします。念のため^^

::

追記・・こちらの記事ではビニコファスナーの付け方小技編を紹介しましたが

こちらの記事にもまとめて紹介記事とさせていただきました
ブログ右側のカテゴリも分けて探しやすいようにしました


今日はちょこっとだけビニコのファスナーの付け方で大活躍な
マステの活用法を紹介します ^^



ビニコのファスナーを縫う時、いつも思うのだけど
片押さえのテフロン押さえが欲しい。。。



これだとファスナーを縫えない ><
そしてもう一つ、このテフロン押さえ、透明であってほしいー


ファスナーの付け方講座でも紹介していますが
http://yunyuns.exblog.jp/15943195/

片押さえの裏側にマスキングテープを貼ります
こうすることでテフロン押さえと同じ役割になってくれるので
ミシンステッチも家庭用ミシンでも結構きれいに縫えるんです^^

ビニコを縫う場合はミシン目を 2.8~3.0位にしておくのもポイントです

検索するとベビーパウダーをつかったりトレーシングペーパーなどありますが
一度この方法で試してみてはいかがでしょう?

最近のつやけしビニコは普通地用ミシンパーツでも縫えるようになりましたが
ミシンの滑りが悪いとき、同じようにマステを貼って試してみてくださいね ^^

今回は艶ありビニコで試していますが合わせる生地も厚みが少ないので
結構きれいなミシン目ができてます

もう一つ便利な使い方が
ビニコの時だけでなくガイドとして使えるこの方法です

ドリームでの講習でもよくこの方法を使っています
この方法を思いついたのもドリームの生徒さんは目が悪い方が多くて
それでも手芸が好きで参加される方が多く
不自由な思いをされないようにと、閃いたのでした ^^
最初はマステじゃなくてお店で買った時に貼ってもらえる”ありがとう”シールを使ってみたり
マステ、なんだかんだあると結構便利です

色の濃いものを縫う時などはミシン目もわかりにくかったり
まっすぐ縫ってるつもりでも曲がってきてしまったり

ミシンの針を見ないように、この部分が布に合わせているかどうか
ここだけ注意して縫うだけまっすぐ縫えるのです

こちらも是非お試しくださいね ^^

::

f0023333_22530386.jpg
そして今日は楽しみにしていた
ネニル 流山おおたかの森 OPEN!

今日は昨年ホビーショーの夕食会でお知り合いになって
そのあとずっとFBで仲良くさせて頂いていた

洋服作家さんのNaoさん

まさかまさかの
流山の?私の勤務地?にはるばる徳島から来る~~ってことを知り
こりゃ会いに行かなくては!!とちょっと興奮気味に連絡を取り合って
ランチとWSをご一緒させていただきました♡

今日はたくさんお話したいけどちょっと遅くなっちゃったのでWSで作ったものとか
明日改めて紹介します♪

なんとなんと金澤明美さん直々のWS
最高でしたよー!!



::





N+手作りのある暮らし


エキサイト公式サークルにしていただきました♪

ハンドメイドに限らず
インテリアやDIYとかいろんな方とつながれたらいいなーと思ってます

(使い方がわからない方は、こちらをみてみてくださいね^^)




::

これからもどうぞ皆様の温かい応援をいただけたらと思います
お帰り前にポチっと応援してくださると励みになります ^^
引き続き温かい応援ぽちよろしくお願いします

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ  人気ブログランキングへ

::


掲載誌


 


2014 コットンフレンド夏号

”マロン巾着”


::

  



   


[PR]
by amour___neige | 2014-05-16 23:59 | +つやありビニコを縫う時の小技 | Comments(0)

by yunyun
f0023333_13572108.jpg
お待たせしました♪
リバーシブルネックウォーマーのレシピ紹介です ^^

こちらの面と
f0023333_13571391.jpg
ひっくり返すとこちらの面と
2通り楽しめちゃう欲張りなリバーシブルなネックォーマー

今回は今年気になるカラーの
マスタードカラー(からし色)を使ってみました♪

そして敢えてタグやボタン、レースなどの装飾はつけず
どちらの面でも前後を気にせず使えるデザインです ^^


f0023333_13554566.jpg
まずは二枚の同じ大きさの生地を用意します
ファーを一枚、そして合わせる生地はウールやネル地など温かみのある生地だといいかと思います

: 基本サイズ :
size: 縦22cm 横幅65cm 各1枚

今回画像では、少し大き目のものを作ったので参考までにサイズ掲載します

: 少しゆったりサイズ :
size: 縦24cm 横幅75cm 各1枚


: 1枚仕立てで作る場合 :
一枚の生地のみで作る場合は最初の縫い合わせは1箇所で輪にして作ります
size: 縦42cm 横幅 65cm 1枚

f0023333_13565837.jpg
私は通常ロックミシンで仕上げますが
普通地ミシンでも可能です

その時に縫い目の幅を粗くします

この場合 3,2

この設定ができない機種は、一番粗いミシン目が4mm程かと思いますので
その設定で充分です

ミシン針は14番or11番

(2014.9 追記)
ミシンの糸はニット用のレジロンを使用します


f0023333_13555160.jpg
合わせるニットやネル地の上にファーを合わせます
生地によって合わせ方は逆になっても大丈夫です

上下にクリップや待ち針などで留めて、返し口を残して縫い合わせます

f0023333_13570546.jpg

両手がふさがってしまうと使えませんが
できれば目打ちを使いながらゆっくり縫うと目詰まりがなく
きれいに仕上がります

縫うとき、素材によってですが
私は通常、伸びやすい素材を下にして縫います。
これが正しいかどうかは専門知識がないためちょっとわかりません ><
いつも成功率の高い方で、感で縫いやすい方法で仕上げています
f0023333_13561598.jpg

今回わかりやすいように、返し口部分に白いクリップを留めています

f0023333_13561043.jpg

返し口はおおよそ6cmもあれば充分です


f0023333_13562027.jpg

筒状に縫い合わせたところで手を突っ込んで掴んでひきよせます

f0023333_13562951.jpg

ちょうどこんな感じに

f0023333_13564488.jpg

それを180度半回転させて、互い違いの生地が合うようにします

f0023333_13562438.jpg

両サイドの縫い代を合わせぐるっと一周縫います

f0023333_13563764.jpg

縫い代を合わせる時は
バッグの時のレシピで紹介しているように
縫い代を交互に倒します
こうすることで綺麗にクロスができます

f0023333_13565231.jpg

最初の返し口から表に返します
狭くても伸縮するのであっという間にニュルッと出てきます♪

f0023333_13560441.jpg

返し口をコの字閉じして完成です

f0023333_14213529.jpg


あーーーっという間に出来ちゃうので
是非手持ちの生地があれば作ってみてくださいね ^^


参考になりそうな生地集めてみました。是非素材選びの参考になさってくださいね

    
 
   


こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^



[PR]
by amour___neige | 2014-01-17 14:51 | +フリーレシピ | Comments(39)
by yunyun
f0023333_2293831.jpg


200万アクセスを記念して
いつもの感謝の気持ちを込めてた~っぷり時間をかけて
今回もレシピ公開いたしました~!!

今回はちょっと手作りする人には物足らない内容かもしれませんが
ちょこちょこっと小技を挟んでの紹介とさせていただきました

ハンドメイドがお得意な方も
これから挑戦しようと思ってる方にも是非お役にたてればと思います


今回のレシピは基本形はレッスンバッグとしていますが
縦横のサイズを変えればお好みのサイズで作ることができますので
是非これを機に内布付のバッグにチャレンジしてみてくださいね♪

f0023333_2210543.jpg


(出来上がりサイズ: 高さ 30 幅40 底マチ4 持ち手32)


追記(2014.2.14):

出来上がりサイズのご質問が多いので
画像訂正して記載し直しました
追記(2014.8.29)

表面ポケットサイズ表記に誤りがありました
正しくは44cmです
訂正しています

尚、こちらでは持ち手の仕上がりサイズ32cmにしていますが
30cmにするなど、お子様の成長や用途に合わせてお好みで変更してみてください




最初にお願いです
こちらのフリーレシピは
時間をかけて丁寧に編集しながら皆様のお役にたてればと公開しています

私自身の少ない経験値での紹介となりますため
専門知識はございません

自分ならこうしたほうが・・・
など自分が教えることに携わったことで知り得た知識を含めての公開となりますので
専門的な目線からだと間違ってる部分もあるかもしれませんが
あらかじめご承知の上参考になさってくださいね

最近嬉しいことにフリーレシピの件でお問合せを頂くことが増えましたが、
レシピ自体自由にお使い頂いて構いませんが
万が一こちらのページをコピーし講習などに使用される場合は
メールにて一言ご一報くださると励みになります



f0023333_23193853.jpg


今回はちょっとかわいい柄生地から ^^

幼稚園バッグなどを作るとき、キルティングでなかなかこれという生地がみつからない場合
内布をキルティング生地に変える方法もお勧めです
今回はその方法で紹介しました


まず、生地の耳を切り落とします
(画像で赤い線の部分です)
ここを含めて裁断するとどうしても寄れが生じてしまうので
使う生地の素材にもよりますが、おおよそ1,5cm切り落とします

今回は柄に合わせて耳を裁断しました

f0023333_22121732.jpg

同じものでなくてもサイズを揃えてからスタートです

f0023333_09312029.jpg
ポケット口のみ縫い代2cmで、他は縫い代1cmとなります
f0023333_14265415.jpg
縫い代 1cm




+ 表面・背面サイズ : 縦 34 横幅 44
+ 内布キルティング : 縦 66 横幅 44
+ 持ち手2本    : 長さ34 幅 10
+ 表面ポケット   : 縦 23 幅 44

今回生地は45cmからの裁断となりましたので
ハギレを生かしてみました(最後に紹介しています)

購入した生地幅で残らない場合もあるので参考までにどうぞ

持ち手はカバンテープというアクリルテープがあるので
別で準備される場合はパーツの裁断と作り方は飛ばしてください

f0023333_2216634.jpg

まず最初に持ち手を34cm2本作ります
(持ち手の長さはお好みで変えてください。)
こちらは縫い代記入不要なので最初に作ってしまいます

半分に折り、折り目を付けます

一旦広げて最初に付けた折り目に合わせて上下の布を畳み4つ折りにします

f0023333_2217361.jpg

待ち針で数か所とめて、布の端から1cm先に針を落とし
返し縫いをしてから直線縫いスタート

返し縫いボタンは押し続けて進み、指を離すと止まります

f0023333_22172665.jpg


持ち手のステッチは端から2mm位のところが目安なのですが
このギリギリなステッチでは針が落ちてしまうこともあるので

そういう場合に役立つのがマスキングテープ

ミシンにもガイドラインはあるけど、一番欲しいのがこの部分

これをすると不思議とまっすぐきれいにバランスよく縫えます
ただし、縫う時は針を見ないように、マステと布の位置を確認しながら縫い進めてください

針を見るとどうしてもミシン目が安定しません
ちょっと勇気いるけど試してみてくださいね
これが結構不思議なくらい綺麗な仕上がりになります

特に黒や紺色など色の濃いものてでミシン目が確認しずらい布を扱う時は
この方法がとっても役に立ちます

年齢を重ねるとどうしても不自由になってくる目
それでもミシンを続けるにはこういう工夫を知ってるだけで
糸通しだけでなくストレスも減ってくるかと思います
この方法は自分が教える講習でも役に立ててます ^^

f0023333_2222462.jpg


そして両サイド同様にステッチを入れて2本完成


持ち手が完成したところでメイン生地の準備です

f0023333_09312029.jpg
ポケット口のみ縫い代2cm 他縫い代1cm


*用意した表地の生地。パーツ3つ
表にポケットを付けない場合は、表面 背面パーツのみ2つ用意します

画像に記載されている赤い線のみ縫い代線を記入します


f0023333_2222494.jpg


直線の縫い代線を記入する時、あると便利なのがこの透明なマス付の定規
そしてシャーペンタイプのチャコペンです

定規は100円ショップで30cmと50cmのものがあるので
一つ揃えてあると便利なので是非見つけてみてくださいね ^^

その話を生徒さんにすると毎回驚かれます(笑)
侮れません今どきの100均


クローバーさんの正規品も軟らかくお勧めです

チャコペンは色もピンクブルー黄色、そして私が一番使う鉛筆色もあります


f0023333_22262127.jpg
縫い代1cm

*用意した内布の生地。パーツ2つ
キルティング、ポケット生地

+ キルティング地 : 縦 66 幅 44 
+ 内ポケット   : 縦 32 幅 22


f0023333_2228529.jpg


”わ”にした状態で底の部分は画像のサイズで裁断します

”わ”にした状態で切り落とす場所のサイズの計算方法
(底マチにしたいサイズ-2)÷2 =画像①の部分
①+1=画像②の部分

この作品の場合、
(完成時の底マチのサイズ4-2)÷2=1(①のサイズ)
1(①のサイズ)+1=2(②のサイズ)

作りたいサイズに置き換えて計算して底マチを作ってみてくださいね ^^

”わ”ではない場合の底マチの計算方法は
(底マチにしたいサイズ-2)÷2+1=①
①=②

例えば、今回の内布が1枚でなく2枚で仕立てる場合
(底マチにしたいサイズ4-2)÷2+1=2(①のサイズ)
2(①のサイズ)=2(②のサイズ)

私の独自の計算方法なので専門的にはわかりかねますが
この計算方法を覚えておくと、いろんなサイズで底マチができるので参考になればと思います



f0023333_14265415.jpg
縫い代1cm

広げた状態
”わ”の位置を確認できましたでしょうか

以前講習中に”わ”ってどういう意味ですか?と質問を頂いたので
今回細かく説明に加えました ^^


f0023333_222855.jpg


まず表面の外ポケットの口の部分を縫います
(ポケットを付けない方は飛ばしてください)

縫い代線はこの部分だけ2cmになります
縫い代線に合わせて布を折りたたみ3つ折りにしてステッチを入れます

こちらもガイドにマステを使用します
f0023333_22322025.jpg


縫い終えたところ


f0023333_22325622.jpg


これを表生地パーツ①に周囲を仮縫いで縫い合わせるために待ち針でとめます
このポケットの高さの位置が両サイド同じ場所に来るように切込みを入れておきます

チャコペンでしるしをつける方法もありますが
”ノッチ”と呼ばれる合印の切込みは裏からも表からも確認できるのでもとっても便利です

f0023333_22331994.jpg


場所が決まったら早速縫っていきます
順番はまず底を縫ってから両サイド、上から縫います
この時布目の幅は3mm以上にするとスムーズです 
お手持ちのミシンで設定が変えられるようでしたら試してみてください

f0023333_22361273.jpg


縫う場所は縫い代内5mmほどです

f0023333_22355039.jpg


縫い終わったらポケットの中心部分に仕切用のステッチをいれます
この時水で落ちるチャコペンなどを使うと便利です




f0023333_22374262.jpg


縫い始めは下から

ポケット口まできたら針が落ちたところで回転させて逆戻りしながら重ねて縫います
こうすることでポケット口の解れが防げます

(レースを挟む場合は挟み込む分縫い残してターンします)

f0023333_22381330.jpg


レースは付けてもつけなくてもいいですが、今回はアクセントに加えました

縫い線を中心にレースを合わせて待ち針で留め

f0023333_22385468.jpg


ぐるっと1周縫い合わせます
レースはできるだけ端を縫うとヒラヒラ部分が落ち着きます
f0023333_22391218.jpg


これでようやく表地の表側生地が完成です

f0023333_22393618.jpg
縫い代1cm

画像のように表あわせにして、底の部分の縫い代を縫い合わせます


f0023333_22401068.jpg


次に底マチの部分を作っていきます
これは以前紹介した”バネポーチの作り方”に登場する折りたたみ法です

今回底マチの大きさを4cmに設定したのでその半分2cmが基準となります
両サイドに縫い合わせた場所から2cmの位置に合印の切込みを入れます

底の生地が蛇腹の中心に、切り込んだ部分が底に来るようにたたみます

f0023333_2242337.jpg
縫い代1cm

この状態で待ち針でしっかり留めて上から縫い代線に合わせて縫います
反対側も同様に縫い代線に合わせて同じ方向から縫います

f0023333_2242225.jpg


これで表地完成としたいところですが
もう一つの手順、ここで持ち手を付けます

表地が袋状になった裏の状態のまま2枚重ねた状態で
画像のしるしの場所に合印の”ノッチ”をいれます
中心から6cmずつの”ノッチ”です

f0023333_22434781.jpg


それに合わせて持ち手を合わせ5mmのところで仮縫いします

持ち手は縫い合わせのほうが外側に来るように合わせます
また、縫い目がきれいな面を表面に合わせるといいです

この方法で縫い合わせると持ち手のずれが解消されます
しるしだけだと縫い合わせるときどうしても微妙にずれてしまうのですが
この切込みがあるとスムーズです

今回レッスンバッグなど幅の広いものだったので12cmとしましたが
バッグの幅に合わせて15cmにしたり10cmにしてくださいね

持ち手が付いたところで表袋の完成です

表に返したい気持ちを抑えてこのままの状態にしておいてくださいね ^^


*内布の制作

f0023333_22444186.jpg
縫い代1cm


まずは内ポケットを作ります
今回紹介するのはとってもシンプルな作り方なので是非試してみてくださいね 

まず画像の通り返し口を残して縫い合わせます

f0023333_22452317.jpg



返し口から表に返す時は
角を折りたたんで、指で押すように表に出すと目打ちを使わなくても
かなりきれいな状態で角がでます

この方法はコースターなど角のあるものを作るときに有効です ^^
角を切り落とす方法もありますが、私は断然この方法をお勧めします
ただし厚みのある生地などは切り落としたほうがいい場合もあるので
用途に応じて試してみてくださいね

f0023333_2246024.jpg


内布にも同様、中心に”ノッチ”を入れておきます
ポケットの位置は今回は上から6cmの場所にしました

3か所くらいしるしをつけて待ち針で留めぐるっと縫います
ちなみにポケットの返し口は縫わず、内袋本体に縫い付ける時に一緒に閉じます

f0023333_22481313.jpg


基本系のポケット口の縫い方は三角にして下書きを書いておくととっても便利

f0023333_22491235.jpg
縫い代1cm

ポケットがついたら、裏にしてたたんで両サイドを縫います
縫い始めは常に上からになるように、縫い代のしるしは表裏右側だけです

この時一か所返し口を作っておきます

f0023333_225135.jpg


底マチはあらかじめカットされているので、それに合わせて1cmの縫い代で縫います
今回4cmのマチだったのでちょっとわかりにくいですが
マチが大きくなればなるほど便利な方法です ^^

f0023333_22512852.jpg


そして完成したら表に返します

f0023333_225145100.jpg


先ほど完成した表地を準備し、ポケット側が表地の背面になるように
袋の中に入れます
これが表あわせです

この時、目に見えるものは両面とも縫い代が見える裏側の状態です

ここでサイドの縫い合わせを綺麗に始末する方法を紹介します

f0023333_22521365.jpg


画像のように縫い代を開かず交互に倒します
こうすることで厚みが均等になり、縫う時のずれも軽減されます

今回キルティング生地だったので厚みが均等になることはなかったですが
小技紹介のためこのようにしました
それでもこのくらいの厚さならばこの方法がお勧めです

f0023333_22524531.jpg


待ち針でしっかり留めてぐるりと一周縫い合わせたら裏にして広げます

f0023333_2253361.jpg


先ほど作った返し口から布を引っ張り出して表に返し形を整えます

f0023333_2253226.jpg


先ほど交互に縫い代を倒して縫い合わせた部分です
これだけキリッときまるから不思議です ^^

先ほど表の生地を蛇腹にした部分はこんな風になるんです
畳み込んで縫い合わせただけでこんな便利なマチが自動的に完成なんて
知っておくと便利な技ですよね ^^


私も初めてこれを見たとき、洋裁のお仕事をしている友達に
作り方を教わって初めて作ったときは感動しました~!

ポシェットなど作るとき便利な方法です
三角の部分を縫い合わせたり、ボタンを付けてアクセントにしてもいいですよね ^^

f0023333_22545216.jpg


さぁここまできたらあと一息です
頑張ってください

アイロンで形を整え、待ち針でふくらみを抑えてから口の部分にステッチを入れます

f0023333_22562454.jpg


やっぱりマステを用意して5mmくらいにステッチを入れます
私は大抵ミシンパーツのぽつっと凹凸のある部分を目安にしています
(画像で赤い○で囲まれた部分です)

そして更にもう1本。
3mmほど間隔を置いてステッチをいれると持ち手もしっかり留まるのでお勧めです

f0023333_22571445.jpg


最後に内布に残した返し口を”コの字閉じ”でまつります
この方法は以前も紹介した”シュシュの作り方”に詳しく掲載しています

わかりやすく縫い合わせた部分がわかるようにしてみました

これをキュッとひっぱると

f0023333_22581059.jpg


あら不思議~♡
縫い目が見えません♪

f0023333_22592219.jpg


そしてこれにて無事完成!!

f0023333_22595710.jpg


背面は柄の配置違いです♪


お疲れ様でした♪
でももうちょっと頑張っちゃう!?って方には
続き。。。

f0023333_22584519.jpg


おまけですが

裁断した際に持ち手のサイズに合わせてカットして残った端切れを使って
可愛いアクセントのリボンを作ってみました

f0023333_2259822.jpg


まず横半分に返し口を残して縫い合わせます

縫い代を割って画像のように広げて両サイド縫います
返し口から表に返し、口を閉じたら蛇腹に折りたたんで縫い合わせます

レースをボンドで止めたら完成です♪
f0023333_2311950.jpg


ブローチピンを付けるといろんな場所にアクセントにもなります
ヘアゴムを縫い合わせると可愛いヘアアクセサリーにもなったり 
是非端切れも無駄なく使ってみてくださいね♪


今回はベーシックな形を元に初めての方でもわかりやすく馴染みのあるデザインにしました
ただ、失敗した~ ><と思ったのは生地選び。。。
黒は縫い目も表現しずらくて ^^;
やっちゃったかなぁ。。。と思いましたが
ポイントポイントで少しでも参考になれば嬉しいです ^^

少しできるようになったら、内布のキルティングに表の生地を少し合わせて切り替えにしたり
マグネットボタンを付けたり
いろんな方法があるので是非いろいろ研究しながらチャレンジしてみてくださいね ^^

ご質問はいつでもお気軽にどうぞ ^^

こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^


[PR]
by amour___neige | 2013-07-10 23:07 | +内布付レッスンバッグの作り方 | Comments(42)
by yunyun
f0023333_2120383.jpg


イベント準備で忙しい日々を送ってるうちに
気づけばショップOPENから7周年を迎えていました。。。

本来ならばプレ企画などしたいところなのですが。。。
今回も全プレ企画にしようかと、昨日急に思い立ってプロセス撮影をしていました ^^

今の季節店頭にたくさん並ぶ夏素材の生地を使った超簡単なずぼらレシピですが
作ってみたいな♪
と思ってもらえるようにシンプルな工程でご紹介しますので
是非参考になさっていただきご自身用に気軽に作っていただけたらと思ってます ^^

f0023333_21453728.jpg


今回ご用意したのは以前から店頭で気になっていた夏素材の綿ボイル生地
そしてこの裾に合わせるチュールレースも夏っぽくラメ入りにしてみました ^^

f0023333_21484741.jpg


カットクロスで販売されてるのをよく見かけますが、大体1、5m着分が主流かと思い
レシピもそれに合わせてみました

今回はカットクロスではないけれど
1,5m購入して地直ししました

両サイドの耳を合わせてととのえます
この時、12,3cmほどずらして”わ”にします

f0023333_21563018.jpg


そしてここで二つに分けます
上の部分はスカートに
下は切り落とします

1,5mなので計算が合わないですが
大抵は裁断の際に2,3cm多めにカットしてもらえるのでスカート部分は”わ”にして70cm(140cm)
となりますがハギレは12,3cmほどになります

f0023333_2204016.jpg


ここで”わ”にしている部分を裁断して二つに分けます
ちなみにこの生地は生地幅が109cmほどですがこれを全部使っていきます

f0023333_22101192.jpg



次に”表合わせ”の作業をします
f0023333_22111444.jpg


この生地は柄の向きがあるので注意しながら表合わせにして両サイドを待ち針で留めます

これで最初の準備が完了です
縫い代などは書かずに
黒い線が描かれたところを早速縫っていく作業に入ります

f0023333_22154137.jpg


縫い始める前に最初はちゃんと試し縫い作業は欠かせません
画像は省きますが、ハギレで必ず試し縫いをしてくださいネ

そして早速にい始めます
両サイドを生地の耳に合わせているので、端処理が必要ないのも利点です ^^

そして縫い代を書かない代わりに、マスキングテープなどでガイドを作ってあげます

縫うときは針を見ないでここに布がちゃんと合っているかどうかを見ながらの作業となります

そして最初と最後に返し縫いを必ずして、両サイド同じ作業をします

f0023333_22192960.jpg


両サイド縫い終わった画像です
一つの輪になります

f0023333_2231699.jpg


面積が広いので床に広げて布の上下を確認してから
ゴム通しを作るために待ち針で押さえていきます

f0023333_22321420.jpg


上から5cmのところを二つ折りにして(2,5cmの二つ折り)待ち針で留めます

f0023333_22323160.jpg


縫う場所は黒い線の部分です。
ゴム通し用に2cmほど縫い残して最初と最後に返し縫をして縫い合わせます


f0023333_22363317.jpg


先ほどのマスキングテープのガイドラインを2、5cm幅に直して縫い始めます

f0023333_22383435.jpg



最初に1本縫い合わせたら二本目はちょうど半分の場所にミシンステッチをかけます

f0023333_2240219.jpg


2cm縫いの残すとはこういうことです

f0023333_2243143.jpg


次に裾の作業をします

私の場合はロックミシンで一つ折にしましたが

f0023333_2244957.jpg


ロックなどがない場合は二つ折りにします

f0023333_22452110.jpg


今度はマスキングテープのガイドラインを7mmに計って合わせます

ぐるっと一周縫い合わせます

f0023333_22471653.jpg


レースの縫い合わせ画像は省略してしまいましたが、レースは生地幅に合わせて輪にしてから
待ち針で合わせて生地の表からレースの柄を見ながら縫い合わせていきます

こうすることで自然にミシンステッチが2本入ります

f0023333_2250342.jpg


最後にゴムを通します
ゴム通しや紐通しにはこれが一番便利でお勧めです♪
これはもちろん100円ショップグッズ♪

f0023333_22525413.jpg


ゴムを通した後はミシンで重ねて縫い合わせたら完成です ^^
ゴムの長さは65~70cm
これが二本必要です

f0023333_22541039.jpg


身長160cmの私が着るとこのくらいの丈
レースで5cmほど丈が延びるので、レースをつけずに完成させたい場合は
調整が必要です ^^
かわいくなり過ぎないチュールレースは大人服にお勧めです ^^
今回ラメ入りにしたけど、冒険して大正解でした~

透け感が強いのでアンダースカートを履いたりジーンズをはいたり
組み合わせてくださいね ^^


つまりは布幅を生かしたままに長さ70cmの生地2枚を合わせて両サイドを縫い合わせ
ウエストを作り裾を縫えば完成してしまうという、超簡単なスカート♪

縫い代も書かずにマスキングテープを使った超簡単レシピ~


この布幅をそのまま使用して作れるスカートは、綿ボイル地や綿ローン生地など薄地の物がお勧めです
今回は”夏の簡単スカートレシピ”という前提でレシピを紹介していますため

リネンで作る場合は多少ごわつきがあるのでこの幅を多少調整する必要があります ^^
ご了承ください



f0023333_2343210.jpg


そして最初に切り落とした12,3cmの生地ではお揃いのシュシュを作りました ^^
最初は半分にカットして二つに、、、と思ったのですが、薄地なので一枚でも十分で
またつなぎなおして作ってみたらギャザーたっぷりでかわいいシュシュの完成~♪
ということで、生地は余すとこなく使い切り~
是非こうして無駄なく使い切っていただけたらウレシイです ^^

作ってみたよ~の報告もお待ちしています♪


また、”スカートの作り方”で検索してみたら、なんとお友達の「A+M」あゆみさんのHPがヒット!
フレア抑え目の、素敵スカートですよ~

スカートは生地の質や生地幅にもあわせていろんな作り方があると思うので
いろんなサイトを参考にして作ってみてくださいね ^^

作るのはとっても簡単です
Aラインにする方法もありますが、ここはひとつ何もしないで作ってみてください
驚くほど簡単に2時間もあればできちゃいます

応用でお子様のスカートもできますよ~

今の季節は特に涼しげな夏素材の生地がたくさん店頭に並んでいるので
ギャザーたっぷりなスカートが出来そうですよ~~ ^^

是非お試しくださいね ^^


  

ブログを始めたのは2005年の春、ちょうど初夏の6月21日に初めてのネットショップを立ち上げました
最初は手探りで、本当にお買いものしてくれる方がいらっしゃるのか。。。
ドキドキのOPENだったのを今でも覚えています

ちょうどソラの幼稚園入園と共にスタートしてそのソラももう5年生

始めた当初はここブログも10数名程の方が訪れるまだまだ新米だった私も
今では日々2000近いアクセスをいただけるように成長し
ここ最近のランキングでも常に皆様の目に触れる場所に位置できるようになり
毎日多くの方から応援していただいてることを実感しながら本当に感謝しています


7年前には想像もしてなかった今の自分がいること
当たり前のことだけど自分一人ではここまで続けてこれなかった。。。
見てくださる方がいらっしゃるから日々頑張れるのだと、改めて感謝する日々です
本当にありがとうございます

ありきたりな言葉でしか表現できなくて
いつももどかしいのですが、、、
来年もまた同じ場所で皆様をお迎えできるようにこれからもがんばっていきますので
引き続き温かく見守っていただけたら嬉しいです


こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^



[PR]
by amour___neige | 2012-07-01 23:14 | +フリーレシピ | Comments(7)
by yunyun
f0023333_954317.jpg


お待たせしました~!!
とうとう最後の週になってしまいましたが、お約束どおりレシピ大公開です♪
まず第一弾はバネポーチ♪
こちらは今年の初め、小学校での講習会でもお配りしたレシピです
ドリームでの講習時、余った時間で作れるものをと即興で作ったレシピでしたが、とても簡単にできるので
是非こちらでも紹介したいと思っていました ^^
やっと念願叶いました♪
こちら、長方形の生地を二つご用意いただくだけで出来てしまうので、今回は特にフリーパターンはご用意していません
ミシンで製作のご紹介ですが、手縫いでも可能です
ミシンだと1時間半ほど、手縫いだと2時間弱で完成します
とってもお手軽なので是非明日からでも試してみてくださいね♪
また、バネ口のサイズが変わってもサイズ調整すれば製作可能です
例えば今回は1、5cmの口金ですが、1cmの口金を使用する場合は3,8cmの部分を2,8cmにするなど・・・
でもその場合は返し口が新たに必要になりますのでお気をつけ下さいね

f0023333_2046116.jpg


もしわかりにくい場合はコメント欄などよりお問い合わせ下さいね
⇒ご質問いただきましたので画像を追加しました
黒字で記載したサイズになります

返し口を作ると分割して縫う部分が増えますが
最低4cmの返し口が必要となります

今後も私の知識の範囲内で出来る限りお答えいたしますので遠慮なくどうぞ ^^

f0023333_22233951.jpg


*印刷用PDFはこちらから(A4 1枚)→☆

f0023333_964588.jpg


12cm口金を元にパターンを作っています


<用意するもの>
12cm口金 必要であればレースやタグ カナヅチ
表地用:縦26cm 横20cm   内布用:縦32cm 横20cmの生地

今回はこのパープルの生地をメインにしたので内側には花柄をあわせてみました
ストライプやチェック地、ドット柄などもお勧めです
尚、内布になる生地はリネンのように厚みのある質感よりは、どちらかというとブラウスの様な薄過ぎず厚すぎない生地がギャザーがより綺麗になりお勧めです

f0023333_973413.jpg


1:まず、二枚の生地の裏側に1cmの縫い代を四方に記入します
f0023333_981181.jpg


今回は右側のアトリエさんから届いたばかりの印付けペンシルを使ってみました ^^
普段は左側のカリスマペンシルなのですが、これは2mmと極太!
使ってみると、薄地より厚みのあるキルティングなどの生地に印つけるのに便利かなと思いました^^
でも嬉しいサプライズに感謝です ^^
なので結局いつもの水で消えるペンカリスマペンシルカリスマペンシルを併用しました

f0023333_983237.jpg


無地の生地で表裏がわかりにくい場合は、まずこういう節を探します
表と裏で節があっても綺麗な面を表にするといいでしょう

何もない場合は特に気にしなくてOK♪
f0023333_984729.jpg


2:最初にアクセントになるレースやモチーフは縫いつけておきます
中心にモチーフを合わせる場合は、中心の上からおよそ3cm下がベストです
脇タグは縫い代の中5mmくらいの場所に縫い付けておきます

f0023333_99582.jpg


3:表布の準備ができたところで、早速内布を合わせていきます

f0023333_992599.jpg


この状態を”表合わせ”といいます

f0023333_9947100.jpg


4:まずは両端をマチ針で留めます

f0023333_995995.jpg


5:その後中心をマチ針で留めていきます
こうすることで生地のずれを防ぐ効果があります

f0023333_9101778.jpg


6:さぁここで、早速本体を縫っていきます
縫い初めと縫い終わりには返し縫いをします
布の端までしっかり縫い仕上げます

f0023333_9103135.jpg


7: 4:~6:を繰り返し、両端が縫い仕上がった状態になります
この時、内側の布だけ画像のようにたわんでいますが問題ありません

f0023333_9104816.jpg


8:縫い合わせた部分を表合わせにし、マチ針で留めておきます

f0023333_9111535.jpg


9:画像を見ながら、表地(紫)の底部分から1,5cmのところに印をつけます
 内布(花柄)には、縫い合わせから3,8mm(4cm弱が目安です)のところに印をつけます

f0023333_912171.jpg


なぜ4cm弱かというと、このバネ口が16mmほどでこの口金が入る場所なので
開けすぎてもゆるくなるし、きつすぎるとバネが通りにくくなるのでこのくらいがベストなんです

f0023333_9114173.jpg


10:言葉にするより、画像を見ていただいたほうがわかりやすいかと思いますので
説明は省きます
画像を見ながらジャバラに折りたたみマチ針で留めます
これが表地の底マチとなります

f0023333_9122189.jpg


11: 9:で内布(花柄)に印をつけた3,8cmの部分を残して両端を縫い合わせます
この時、縫い初めと縫い終わりはしっかりと返し縫いをします
特に、口金が入る表地と内布との境目の部分は特に念入りに縫い合わせます
この時、縫い代は両方とも表布側に倒して縫いあわせます
アイロンでおさえておくとよりいいです
f0023333_9123238.jpg


12:次に内布の底マチを作ります
底マチは3cm。サイズを測るときは中心を合わせていくのがいいです
特にこういう透明な定規があると便利です。
手芸やさんではまだ高価ですが、こっそり教えちゃうと、実は100円ショップでも50cm物を見つけてます♪
探してみて下さいね ^^

f0023333_913274.jpg


13:内側の全ての作業が終わったところ・・・
ここから早速表に返していきます

f0023333_9131438.jpg


14:縫い残しておいた3.8cmの部分から内布をゆっくり引き抜きます
厚い生地が内布になっているとこの作業がとっても大変です
狭い返し口でもスルスル~っと案外簡単になので薄い生地がお勧めなのです ^^
(厚みのある生地で作る場合は別途内布に返し口を作ります)

f0023333_9133164.jpg


15:表に返したところ
返し縫いが不十分だとこの表返しの時に解れる場合があります
そのためにも、11:の工程はしっかりと ^^
しわしわです >< がまだまだ我慢。。。

f0023333_9134328.jpg


16:画像のように口金が入る部分を作っていきます
返し口にもなった3,8cmの部分を今度は山にして内布を中に押し込みます
この時、縫い代がしっかり表地側に倒れるように指でしっかり押さえます
そうするとだいぶ形が見えてきました ^^
合わせた場所をマチ針でしっかりとめます

f0023333_914363.jpg


17:口金が入る部分を確認したら、マチ針でとめていきます
この時、縫い代が表地側に倒れていることを確認しながらとめます
ここまできたらあともう一息です!がんばりましょ~

f0023333_914176.jpg


18:アイロンをあて、端ミシンをグルリと一周縫い仕上げます。
返し口の縫い合わせ部分にはしっかり二重縫いをしておきます

f0023333_9143576.jpg


19:さ~て、ここからがまた最大の難関!
バネを通す作業です ^^
でも口布をしっかりと作っていればもう安心♪
バネのねじ山をしっかりと確認してから両方同時に通します

f0023333_9144780.jpg


20:薄い生地ほどこのバネの金属に引っかかって苦労します ><
私も初めて作ったときこの作業だけで30分以上かかって懲りた記憶があります ^^;

最初は大抵先がまぁるいほうが顔を出します
これをしっかり抑えてからもう一方を出しますが、これが大変><
目打ちなどを使って抑えながらゆっくり引き出します
もしどうしても出てこない~!!とういう場合はマスキングテープなどでバネの先をカバーしてあげるといいかも!?試したことないけど ^^;

f0023333_915582.jpg


21:二つのバネが合ったら、戻らないようにしっかりと抑えてネジを差し込みます
さすがに素手で押し入れることはできないので、カナヅチや、硬いテーブルなどに押し付けて入れ込みます

f0023333_9151587.jpg


22:中心を目安にバランスよくギャザーを入れて形を整えます

f0023333_9153352.jpg


内側もこんな素敵にギャザーが入ってます♪
そして無事完成です♪
お疲れ様でした~

f0023333_9154819.jpg


ちなみに1月のPTA講習で参加された方の作品です
こちらはなんと2時間ほどで完成の手縫い仕上げです

生地の組み合わせでいろんな表情が産まれますので是非お友達にプレゼントしたり
フリマやバザーなど、たくさん作ってくださいね~ ^^♪
皆様の手作りを応援します 

こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^



      

[PR]
by amour___neige | 2011-10-24 21:29 | +フリーレシピ | Comments(45)
by yunyun
f0023333_16255752.jpg

 
今日はファスナー付けの詳しい説明があればいいなぁ。。。とのリクエストから
基本形のファスナー付けのレッスンをさせていただきます ^^

ただ、こちらで紹介しているのは全て独学ですので専門的な部分はわかりかねます
専門的な方がみると”それ違う。。。”という突っ込みもあるかもしれないと内心ドキドキなのですが
参考までに見ていただけたら嬉しいです ^^♪

せっかく作るなら、自分のペンケースでも作ろうかと、大き目のペンケースを作ってみました

今回は一枚布でもお手軽にできるビニールコーティングを使って、ファスナー付けのみご紹介
使いやすいポーチのパターン公開は後日予定しています♪
また、ここでは分かりやすいように玉付きのファスナーを使用していますが
☆フラットニットファスナー☆でもやり方は同じです

ビニールコーティングの生地を縫うときは
針は14番がお勧め。ミシン糸は♯60など、普段使用しているもので充分です

テフロン押さえは今回は使用しませんが、ビニールコーティングを縫うときにはあると便利です
f0023333_16235454.jpg


まずはファスナーと生地を表あわせにして重ね、クリップなどで数箇所とめます

画像のようなポーチを作る場合は、ファスナーの初めの部分を三角に折ってから縫い進める方法が一般的ですが、私が講習で教えている生徒さんの中には、ここで針がうまく進まないことが多いので
今回は折らずにまっすぐ縫う方法をご紹介しています
記事の一番最後に処理方法を番外編の画像にて紹介していますので参考になさってくださいね

f0023333_16315415.jpg


表あわせとは、このように表になる面と面を重ねることを言います

f0023333_16285819.jpg


ビニールコーティングの生地など、針が刺せない素材の生地を使用する時は
こういったクリップがあると便利です

パイピング作業にも向いています
いずれも100円ショップなどで手軽に手に入るものです

f0023333_16334855.jpg


そして、合わせた所からファスナーを数センチほど開きます
ここでは7cmほどずらしています

f0023333_16372933.jpg


画像で分かりやすいように、返し縫いの線を入れていますが
実際には一本の線で同じ場所を縫います

f0023333_1639642.jpg


画像にもあるように、ファスナー付けではこういった”片押さえ”のパーツが必要になります

家にはない。。。という場合はファスナーの凹凸と平らになるように厚紙などを添えるといいでしょう
でも、余裕があれば買い揃えるのもいい機会です
ファスナー付けができると楽しくて手作りの幅が広がりますよ~♪


機種によって違いますが、ブラザーはこちらがお勧めです
我が家のは、たまたまミシンパーツに含まれていたものですが、玉付きのファスナーでも移動せずに縫えます

f0023333_1645514.jpg


話が脱線しましたが。。。
縫い進めるとちょうど開いていたファスナーとの境目に来ます
ここで針を止め、針が刺さった状態で押さえのレバーを上に上げます
f0023333_16472896.jpg


ここでファスナーの玉を元の位置に戻してあげます

f0023333_16512443.jpg


そして最後はしっかり返し縫いをして針を止めます
ファスナーの縫い線は画像を参考にしてみてください

f0023333_1655249.jpg


次に端ミシンの準備。。。
縫い終わったら、縫い目を折り、しっかり指先で抑えます
f0023333_16572421.jpg


押さえのパーツを一旦外し、ビニールコーティングを縫えるように準備をします

布に当たる面がざらざらでないと押さえと布がくっついてしまって針が進まなかったり
進んでも針が折れてしまったりするので、ここでマスキングテープを使用します

セロファンテープなどもビニールなので不可
マスキングテープなど、ザラザラした面になるテープを使用します
f0023333_1721465.jpg


先ほどと同じようにファスナーを数センチずらしてから縫い始めます
ここでは2~3mmくらいの端ミシンがベストです ^^
難しそうですががんばってみましょう♪
f0023333_174164.jpg


そしてこちらも先ほどと同様、ファスナーの境目のところにきたら
玉を元の位置に戻して最後まで縫います
最後もしっかり返し縫いをして針を止めます
f0023333_1761546.jpg


片側が縫えたところです
端ミシン、綺麗に入りましたか?
f0023333_1792770.jpg


片面が出来上がったところで、次は反対側のファスナー付けも同様に縫いつけます

f0023333_17111652.jpg


最初のファスナー付けと違うのは、開閉の玉がないこと
なので、ここは端からファスナーを閉じた状態で縫い始めます
もちろん返し縫いを必ず入れてくださいね

f0023333_1715274.jpg


最後のほうになると、また開閉の玉が邪魔になってきます
ここで一旦針を止め、針が刺さった状態で押さえのレバーを上げて・・・
今度はファスナーを開いて金具が当たらないところまで移動させてから押さえのレバーを下ろし
最後まで縫います
f0023333_17203961.jpg


もちろん、最後もしっかり返し縫いをします
f0023333_17222781.jpg


さて。。。
ここからが最大の難関です
特に細長いポーチほど大変な仕上げの端ミシンとなります

さて、、、準備はいいですか~
f0023333_1725215.jpg


画像をしっかりご確認下さい。。。
口で説明するより画像で説明したほうがわかりやすいかと思いますが
布の向きや置き方に注意して、画像を真似して置いて見てください

そして、画像のように5~7cmほどファスナーを閉じた状態でトンネル状態にします

f0023333_17304632.jpg


そしてファスナーの玉の部分まで来たら、針を止め、針が刺さった状態で押さえのレバーを上げて
ファスナーを移動します

f0023333_1733404.jpg


再び押さえのレバーを下ろし、あとは最後まで縫い進めて最後返し縫いをして終了です

f0023333_17361574.jpg


これでファスナー付けが完成です♪♪
今回はファスナーの付け方講座ということでここで終了です ^^

そして番外編。。。
f0023333_17431932.jpg


画像のようなポーチを作る場合は、ファスナーの初めの部分を折ってから縫い進める方法が一般的ですが、私が講習で教えている生徒さんの中には、ここで針がうまく進まないことが多いので
今回は折らずにまっすぐ縫う方法をご紹介しました

そして縫い終わった最後に端を縫う方法をお勧めしています ^^


いかがでしょうか?参考になりましたか?
是非一度挑戦してみてくださいね ^^


    



こんなトラコミュも参考に是非♪


::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています




但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^




 
[PR]
by amour___neige | 2011-05-09 18:27 | +ファスナーの付け方講習
by yunyun 
f0023333_1737782.jpg


今日はGWの連休でお休みに入る前に、皆様へ日頃の感謝の気持ちを込めてレシピのプレゼント
させていただこうと、急に思い立って午後からはじめていました^^

                     

今回雑誌掲載の記念として、こちらの雑誌の付録についている生地で作品を作ってみました~ ^^♪
後に、作品応募してみようかと思っていますが、その前にこちらでご紹介 ^^
あ、でもここで公表しちゃうと応募できないかしら!?
また新たなの考えないと~ ^^


実は、本誌に掲載させていただいた子機のケースとなっている布小物のお問い合わせが数件あり
とっても簡単にできてしまうので、この際とレシピ製作に立ち上がりました~ ^^
是非この連休、お時間ある方は作ってみてくださいね♪


フリーパターンはご自宅のプリンターなどで印刷してお使いください ^^♪
ファイルを見るには”Adobe Reader”のダウンロードが必要です
(ソフトはフリーとなっていますのでご安心下さい)

f0023333_20195812.jpg




+++

f0023333_17522790.jpg


まずは表布、内布と2枚図のようにカットします
f0023333_1755841.jpg


内布を少し出して仕上げたいので、表布の5mm程をカットしておきます

f0023333_1805165.jpg


ハギレも無駄なく使えます♪

f0023333_185973.jpg


両サイドを1cmの縫い代で縫います
f0023333_1881920.jpg


マスキングテープをつかってガイドを作れば、縫う目安となりお勧めです ^^
色の濃い生地を縫う時、縫い目が分かりにくい時などとっても便利です
f0023333_181213.jpg


底マチを縫います
f0023333_181343100.jpg


ここで、表の布になる花柄の生地だけを表に返します
*内布はそのままです
f0023333_18164956.jpg


表に返した花柄の生地を内布に入れます (表あわせ)
f0023333_18184784.jpg


内布と表布を綺麗に揃えて、ぐるりと1周縫い合わせます
f0023333_18205649.jpg


縫い残しておいた返し口から表布を引っ張り出します
f0023333_18244555.jpg


形を整えます

f0023333_18265191.jpg


ぐるりと端ミシンをかけます。
ここまでくるともう完成間近です ^^
f0023333_18285196.jpg


裏にし、返し口をコの字閉じして完成です 
f0023333_1833971.jpg


ここで完成でも充分ですが
もう少しだけ。。。こうしてレースをちょこっとあしらってあげてもかわいいです♪
是非オリジナルの作品作ってみてくださいね~
f0023333_18344518.jpg


完成です♪
いかがですか?ほんの1時間もあればできちゃうほどとっても簡単です ^^

f0023333_18365123.jpg


中に小瓶を入れて小物入れにしたり、こうして子機のカバーにもピッタリ
ご自身で高さを調節するなどして応用してみてくださいね ^^
  

こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^




[PR]
by amour___neige | 2011-05-01 18:43 | +フリーレシピ
by yunyun 
(2015.5.15改定)
f0023333_1745640.jpg

 
以前作り方を紹介したのがもう3年も前だということに今更ながら時の経つ早さを感じています。。。




今回改めて作り方をUPさせていただきましたのには理由があります。。。

お子様でもミシンを使わずマスクを作れる方法はないかと
先日、ソラが友達を招いた時に研究していました。。
参考にしたのは市販の白いガーゼのマスク
中を見ると布の切れ端が見えます

もしかして!?と、試しにただ三つ折に畳むだけでマスクを作ってみました~
そしてお洗濯も ^^

全然よれないです~!!
丁寧に縫い代を開いて。。という作り方で紹介していましたが、確かに縫い代の始末は綺麗になりますが
今回ご紹介する作り方は、とっても簡単なのに、強度は変わらず、見た目も変わらずなのです ^^

先日子供たちに波縫いで縫うよう教えたら、すぐに覚えてくれて
お家に帰ってもたくさん作ったそうなのです ^^
なので、お子様にも手縫いで作れる簡単仕様となっていますので、是非参考にしてくださいね ^^ 

+++

f0023333_17131787.jpg

まず、用意するのはダブルガーゼ♪
今はこんなにかわいい絵柄のものが揃っているんですね~ ^^

+++

f0023333_17181015.jpg

まずは一枚のガーゼを 縦20cm 横36cmほどにカットして広げます

f0023333_17213464.jpg

下の部分を大体6cmくらい折りたたみます

f0023333_17243514.jpg
次に上の部分を重ねるようにしてたたみます

f0023333_17301328.jpg

この出来上がりの幅はお好みで調整してください ^^
幼稚園児は約8cm 小学生は約9cmがおおよそちょうどいいサイズです

f0023333_17394797.jpg

左側から折りたたみます
画像の作品の場合、生地幅が36cmなので、(36-3)÷3=11
11cmが折り幅となります

f0023333_17423489.jpg



f0023333_17441047.jpg


そしてもう一度おりたたみ、3cmだけ残しておきます

f0023333_17531742.jpg

残しておいた3cmの部分を折りたたみます

f0023333_18213758.jpg
手縫いで縫う場合は白い線の部分を波縫いで縫います
この時、縫い初めと縫い終わりには必ず返し縫いをして丈夫にしておきます
(ミシン作業の説明を飛ばしてゴム通しの作業説明へ。。。)

+++

f0023333_17563767.jpg


*厚みのあるものをミシンで縫うときのコツ♪*
私が製作する上であみだした方法ですが、この方法を覚えるとどんな作品にも応用が利きますので
是非試してみてくださいね ^^

縫い始めに厚みがある場合や、ガーゼの場合は生地がずれてしまうことが多いので
端から縫わず、2、3cm先から縫い始め、縫い終わりに返し縫いをします
この時、縫い初めには返し縫いはしません

f0023333_1895055.jpg


そして、返し縫いをする代わりに、最初に縫った1~2cmほど手前のミシン目に針を刺し
重ねて縫いながら縫い残した部分を縫い、最後に返し縫いをします

f0023333_1815453.jpg


表にし、反対側も同じ幅で縫います
この時は厚みが少ないので通常通り上から返し縫いをして下まで縫います
縫い始めは1cmほど先に針を落とし、返し縫いをしてから直線を縫う方法が理想的です


+++

f0023333_18241431.jpg


マスクゴム26~28cmを2本用意します
 
f0023333_18261517.jpg


ゴムを通し結びます
f0023333_18273847.jpg


結び目を中に入れて完成です♪
上手にできましたか?

f0023333_1829454.jpg

作り方は手縫いでもミシンでもとっても簡単♪♪
是非お裁縫苦手な方でも、お子様のために手作りで作ってみてあげてくださいね♪



使用する素材はダブルガーゼがお勧めです
必要と思われる資材を参考までにリンクしました(いずれも楽天ショップに飛びます)


    

こんなトラコミュも参考に是非♪

♦フリーレシピまとめ⇒http://exci.to/2bCDoSy

::

役に立ったよ~という方は是非画像をポチっとランキング応援お願いしまーす♪
日々の皆様のポチ応援が励みになります ^^

ひと手間に心から感謝しています

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ  

::


fb随時更新中♪

twitter  ::: instagram




著書「布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ」(2014/11)
(画像クリックでAmazonに飛びます)

(2015.11.1 追記)
KOKKA-FABRICフリーレシピ公開中

ブログ内公開中のフリーレシピ一覧。こちらも合わせてどうぞ


+ 商用利用&著作権に関して +


パターンを使用した作品の商用利用は自由ですが、ブログなどで作品紹介の際は

ブログ名がわかるように下記記載を任意でお願いしています

そのままコピペしてご使用ください


”パターン参考 :neige+手作りのある暮らし ”

http://yunyuns.exblog.jp/


neigeのレシピを広めていただけるとこれからの励みになります

ご報告いただきましたらFBなどでも作品紹介させていただきます♪


いろんな場面で役立つこと満載です

皆様の手作りの少しでもお役にたてることを願っています


 < お願い >

公開中のレシピを講習会など営利目的でのご使用は
固くお断りさせていただきます

学校行事、ボランティアなどでの講習費に関しては問題ございませんが
ご使用になられる場合はご一報いただけますと幸いです


但し、パターンを使われて、作ったものを販売する行為は可能ですが
型紙自体を複写転売することは禁止とさせていただきます

尚、商用利用に際してのトラブルに関しましては
一切関与しませんのであらかじめご了承くださいませ



大切な方へのプレゼントや、バザー、イベントでの販売など
皆様のハンドメイドのお役にたてれば幸いです ^^



[PR]
by amour___neige | 2011-04-27 18:57 | +平面マスクの作り方

心地よい手作りの時間と暮らしの中のDIYを楽しんでいます。 千葉県在住。


by yunyun
カレンダー