カテゴリ:+内布付レッスンバッグの作り方( 2 )

f0023333_23560097.jpg

「入学入園準備」内布(裏地)のあるレッスンバッグの作り方
キリてぃんぐ生地で作る第二弾のレシピ公開です

春は入園入学グッズ作りは指定のサイズで作らなくては行けなかったり
生地選びから本当に大変
小さなお子様を見ながらのミシンは作る時間も限られているので
今回は『どんでん返し』で作るとってもシンプルなレシピを
紹介させていただきました

どんでん返しといってもブログで紹介中のバネポーチ
マロン巾着と同じ方法なので難しくありません
バッグの作り方の参考にもなるので
是非皆様のハンドメイドにお役立てください
*型紙はありません


こんばんは。yunyunです


前回は内布(裏地)がキルティング地のレッスンバッグの作り方紹介でした
今回は表布をキルティング生地に使った
作りやすくマチなしのレッスンバッグの作り方を紹介します

公開中の内布(裏地)がキルティング地のレッスンバッグの作り方は
こちらのレシピの後半に紹介していますので
合わせてご活用くださいね!

f0023333_23555346.jpg
タグをつけることでワンランクUPに♪
ひと手間加えたワンポイントレッスンも加えて紹介しています


今回デコレクションズさんのキルティング生地を使用しました
たくさん種類があってお勧めです


  

オンラインショップで布を注文する際は
50cm単位が多いですが
50cmからは10cm刻みでオーダー可能なところも増えました

今回のレッスンバッグに必要なキルティング生地の尺は「80cm」
裏地のコットン生地は「60cm」
持ち手は80cm

余った生地でシューズケースなども作れるので
是非チャレンジしてみてくださいね!

f0023333_23555038.jpg

タグをつければシンプルなバッグも
こんなに可愛く♪

お母さんの手作りグッズを使って喜んでくれる時期は
とーっても短いです

忙しくて大変なことも多いかと思いますがお子様の成長に合わせて
是非手作り時間も楽しまれてくださいね^^

更にはお孫さん姪っ子さんなど愛情こもった手作りのバッグは
作ってプレゼントされるととっても喜んでくれますよ♪
作る楽しみ、喜んで貰えることを想像しながら作ると
ワクワクのミシン時間が楽しめるはず♡

f0023333_23271266.jpg
今回のレシピは大きな吊り下げポケット付き♪

四角に縫ったり、ジグザグミシンをしなくても
見えないところに工夫をした
新しいレシピを紹介させていただきました。

参考までに使用した生地を紹介します
一式全てデコレクションズさんで購入できます


   

こちらの資材を使用しています
「用尺」
キルティング生地「blooming(ブルーミング)」80cm
コットン「rabbit(ラビット)」60cm
持ち手 ミルクティ

 

リネンリボンテープ&タグ


f0023333_09494254.jpg
是非春の入園入学準備にお役立てください♪


   

こちらの資材を使用しています

「用尺」
キルティング生地「Park - happy dog」80cm
コットン「Constellation(コンステレーション)」60cm
持ち手 ダークチョコ


リボンテープは同じものがなかったのですが
こちらも代用可能です

f0023333_00014268.jpg
完成サイズは 
たて 32cm* よこ 42cm

底にマチを4cmにした時にも使えるサイズで紹介しています
指定のサイズがある場合は
適宜サイズを調整してください

サイズの計算方法がわからない場合は
メールやコメントにてお気軽にご相談ください
お問い合わせはこちらから☆


f0023333_21401068.jpg

【材料の準備】

表布キルティング地 1枚
布方向たての長さ 72cm
横幅       44cm

内ポケット 1枚
布方向縦の長さ 40cm
横幅      22cm

内布薄手コットン地 1枚
布方向たての長さ 60cm
横幅       44cm

タグ用 1枚
10cm角程
(タグのサイズに上下左右+2cm)

タグ1枚
ポケット口用綿テープ 22cm
持ち手38cm 2本

ミシン針 14号
ミシン糸 #60 普通地用

今回は表布を「わ」にして作る方法で紹介しています
*絵柄により「わ」にすると反対側の絵が逆方向になる場合は
表布にそれぞれ縫い代を1cmずつ足して
1枚の布に縫ってから準備を進めてください

*表布キルティング地 2枚
布方向たての長さ 37cm
横幅       44cm


f0023333_09394068.jpg

【準備:合印をつける】

まず▽合印を作ります

青い○で囲んだところ
表布 2か所
内布2か所
内ポケット1か所

f0023333_21572329.jpg

内布は 幅44cmを半分にし
「わ」になったところをハサミでカットします

f0023333_21401680.jpg
ハサミを斜めに4mmほど切ります
切りすぎると縫いしろがなくなってしまうので
深くなりすぎないようにしてくださいね

f0023333_21401930.jpg
広げるとこんな風に▽ができてればOK


f0023333_21402365.jpg
キルティングも同様に合印をつけます
ただ、キルティングの場合はマスがあるので
それを見て切るようにしてください

表袋に持ち手付け位置を中心から5cmずつ合印
ここは5mm程直線でカットします

f0023333_21482077.jpg

全体のサイズがこんな感じです
中心の合印、持ち手の付け位置は
上下につけておいてください

<裁断時のポイント>
キルティングはマスを目安にして裁断すると綺麗に仕上がるので
必ずマスの中心がサイズの中心に来るように裁断してください

f0023333_22085013.jpg
【アクセントタグをつける】

次にアクセントにするタグを縫い付けます

こんな風にタグに小さく両面テープを使うと
ずれ防止になるのでお勧めです
ただし、針が通る個所には貼らないようにしてください

f0023333_22085410.jpg

タグをコットン地に縫い付けます

f0023333_22085746.jpg

最初の上糸を下糸を使って引っ張り出しておきます

f0023333_22085941.jpg
縫い終わりの上糸も引っ張りだし、4本まとめて縛ります


この方法は別の記事でも紹介していますので
分かりにくい場合はこちらを参考に

f0023333_22090240.jpg

タグの周囲に5~7mmくらい残るように
折り目を付けて、余分な分はここで切り落としておきます



f0023333_22090566.jpg

縫い代を折り、先ほどと同様に
今度は表布に直接縫い付けます

f0023333_22090965.jpg


タグを縫い付ける箇所の目安にしてください
小さいタグの場合は
少し下げて23cmくらいがベストかと思います

f0023333_22350377.jpg
ミシンの縫い目の長さを3mmに設定します

f0023333_09383771.jpg


【吊り下げポケットを作る】

合印の付いていない短い辺を1cm折り
待ち針で固定します

ここがポケット口になります
布の柄方向に気を付けてください
f0023333_22351098.jpg
ちょうど半分くらいのところをまっすぐ縫います
最初と最後の返し縫いは忘れずに

f0023333_22351418.jpg
ポケット口用に準備していた綿テープを
先ほど縫った個所を覆うようにしてミシンで両サイド
際を縫います

f0023333_09450818.jpg


縫い終えたところ

f0023333_22352136.jpg

今度は反対側の中心の合印があるほうを上にして
上から4cmのところに合印を入れます
(両サイド)

f0023333_22352569.jpg
はさみで5mm程切込みを入れておきます

f0023333_09453332.jpg

合印の切込みに合わせて
先ほどのポケット口を合わせて待ち針で固定します

f0023333_22353542.jpg

マスキングテープをガイドにして
1cmで縫います

f0023333_22353932.jpg

反対側も同様に縫い終えたところ

f0023333_22354377.jpg
縫い目を山折りにして待ち針で固定します
縫いしろは裏面になります

f0023333_22354617.jpg
際から5mmのところを縫います

f0023333_22354935.jpg
表面からは縫い代が見えなくなりました

f0023333_22355376.jpg

裏にすると折り込んだ縫い代が見える状態です
バッグになった時は見えない場所になります

2度縫いしているので解けてくる心配はありませんが
解れが気になる方はジグザグミシンをかけてください


ポケット完成

f0023333_22521777.jpg

【本体を作る】

再びタグをつけた表布を用意して
持ち手の合印に合わせて布端から5mmのところで
仮縫いをします(赤い線)


f0023333_22522390.jpg

反対側も同様に持ち手を付けます

この時持ち手をねじらないように気を付けてください

f0023333_22522676.jpg

先ほど仕上げたポケットを、タグの内面に画像のように
裏面にして合わせます
(持ち手が間に挟まる状態です)
中心の合印をしっかり合わせてください

f0023333_22522991.jpg

こちらも布端から5mmのところ(赤い線)仮縫いします

f0023333_09370936.jpg
(布の位置がわかりやすいように中心の○マークを表示しています)



ここでようやく登場の内布を合わせます

両サイド中心の合印を合わせて
待ち針でしっかり固定します


f0023333_22523553.jpg

マスキングテープをガイドに1cmで縫います

この時、キルティング地が下に来るようにして縫うと
縫いずれがないので
必ず内布を上面にして縫ってください

f0023333_23063384.jpg

縫い終えたら表にし、このあと内布のコットン地を縫います


f0023333_23063641.jpg

縫い代を内布側に片倒しすると
自然と持ち手がキルティング地のほうに倒れます
その状態で内布に5mmステッチを縫います
この時際過ぎないようにするのがポイントです
内側の縫い代を押さえるイメージで5mm縫います

f0023333_23063950.jpg

両面縫い終えたところ

片側のポケットは避けて縫います

f0023333_23064238.jpg

次にポケットを下ろして待ち針で固定し縫います

f0023333_23064627.jpg
両脇の縫い目と合わせると綺麗です

最初と最後の返し縫いをしっかりと。

f0023333_23065108.jpg

縫い合わせから3cmのところに5mmの切込みを入れます
ここは見返しになる部分ですが
最終的には多少サイズがずれる場合があります



f0023333_09370528.jpg
(布の位置がわかりやすいように中心の○マークを表示しています)

本体を縫います
同じ生地同士を合わせて待ち針で固定します

内布の1か所に12cmの返し口を縫い残します
縫わないように印をつけておくのがお勧めです
f0023333_23065443.jpg
「注意ポイント!」

縫うときにこの縫い合わせのところがずれないように
しっかり待ち針で固定します

f0023333_23070155.jpg
ちょうど縫い合わせのところにミシン針を刺し
マスキングテープをガイドにして返し縫いをしないで縫いはじめます
縫い終わりは返し縫いをします

f0023333_23070565.jpg

次に内布を縫う時は2cm手前にミシン針を刺して
最初のミシン目に重ねて縫い始めることで
返し縫いと同じことになります

こうすることで先ほどの縫い合わせが綺麗に仕上がります

f0023333_09370223.jpg
(布の位置がわかりやすいように中心の○マークを表示しています)

返し口を残してあるか確認してください
ここから表に返します

12cmはあったほうが楽々ですが
10cmでも十分足ります

f0023333_23265281.jpg

返し口から表に返します
この時表袋の角を綺麗に整えておきます
内袋の角はそのままでOK

f0023333_23265582.jpg

返し口から手を入れて、縫い合わせの個所の縫い代を広げます

f0023333_23340756.jpg

両サイド内側の縫い代を割った状態で整えます
見返しは3cmですが
内布がダブつくときはサイズを調整して下さい

(見返しとは内側に折り込んだ表布のこと)

f0023333_23342298.jpg

袋口から5mmのところを縫います

f0023333_23270324.jpg
次に表にしたら最初の縫い目に沿って
更に5mm縫います

2本ステッチがあることで袋口の強度にもなります

f0023333_23270601.jpg

返し口は手縫いで「コの字閉じ」でも綺麗ですが
ミシンの際を縫い仕上げる方法もあります

脇に返し口がある場合は
この方法も楽ちんなのでお勧めです
f0023333_23270915.jpg
1mmくらいの際を狙うので、ミシン目が落ちないように
気を付けて下さいね!
f0023333_23271266.jpg

これで完成です!

いかがでしたか?
四角に縫うポケットの方法もありますが、
縫い代をジグザグミシンで仕上げてからやらなくちゃいけなかったり
縫い合わせたのに曲がってしまったり
そんなことはありませんか?

f0023333_09494254.jpg
そんな時は今回紹介の「吊り下げポケット」の方法もあるので
是非この機会に新しい作り方もチャレンジしてみてくださいね!
意外とスムーズに縫えるのでお勧めです



可愛いコットン地を見つけたら
内側にキルティング生地を使ったレッスンバッグも
レシピ公開中です




デコレクションズさんとのコラボレシピも
是非お試しくださいね!
内布をキルティングにすると
ふっくら仕上げになりますよ♪


  

  

デコレクションズさんのキルティングは
ひし形のステッチ
ふんわり感を保ちつつも、薄手なので家庭用ミシンでも縫いやすいです





参考までにミシンの紹介を。

手芸店で講師をしていた時は縫い目が安定している
ブラザー展示機種を推奨していました。

ラミネート縫いもできますが
更に厚くなるとミシン目は少しゆがむので
低速にして糸調子をしてから縫えば十分に綺麗に縫えます

入園入学グッズ作りや
最低限のミシン使用であればこれでも十分です

ネット通販では2万円未満ですが
店頭では3万円前後で販売されている機種です
縫い目の幅は0.5cm刻みです



縫い目や仕上がりにこだわりたいけど
職業用ミシンは本格的過ぎて。。。
でも厚地も少しは縫うかも!!?という方はJUKIがお勧めです

ミシンは重さが重要(4~6万円が目安)
しっかりとした重量があるとモーターもしっかりしているので
家庭用ミシンでもより納得した仕上がりになります

プロセス撮影は家庭用ミシン
JUKIキルトスペシャル HZLーF600JP
を使用しています

制作にはJUKI SUPR98職業用ミシンです
今上位機種を検討中です

ネット通販では保証も重視してお求め頂くといいかと思います
5年保証が最低限あると安心ですね

楽天通販ではありませんが
私のお勧めするミシンショップは「つるや」さん
いろいろ相談に乗ってくれるのと金額も優しいです
納品が早いので是非困った時は相談してみてくださいね!
https://www.misin117.jp/
保証も充実の5年です
私はこちらでいつもお世話になってます♪


\日々の原動力になりますので応援よろしくお願いします/



更新を通知する


デコレクションズさんでは
入園入学手作りキット一式セットが販売されてました!
種類豊富なのでこれで迷わない♪

  



更におまけがいっぱいなセットも登場してました!!
セットになってる用尺が見つけられませんでしたが
レッスンバッグは同じようなサイズなので
こちらのブログも参考に
作っていただけるかと思います♪
 
  

  


一緒にガーゼやお名前ペンも是非♪
お子様と一緒に画面を見ながら選べるのも
ネットならではですね!

インフルエンザも流行ってますし
人ごみに行くのはちょっとという方にも
是非ネット通販を利用するのもお勧めです

我が子が小さかった頃はネット通販はあまりメジャーではなかったので
今の時代のお母さんたちがちょっと羨ましいです^^



   



デコレクションズさんの生地を使った
バッグや布小物も掲載中↓






楽天ブックスにリンクしています
「猪俣友紀(neige+)の仕立てがきれいな大人バッグ
新刊もどうぞよろしくお願いします♪

今回新レシピの耳までロングな大人マスク↑と



子供用マスクのレシピも公開中です






コットンタイム3月号
「くびれポーチ」掲載いただきました


<イベント出展のお知らせ>
◆ジェイアール京都伊勢丹 10階催事場
婦人靴・ハンドバッグスプリングフェスタ
ハンドバッグ クリエイターズマーケット
(neige+)出店期間20193月6日(水)~8日(金)
600-8555京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
営業時間:午前10時~午後8
(最終日11日(月)は18時閉場)

◆第43回日本ホビーショー・Handmade Makers'2019
東京ビックサイト 西ホール
2019/4/25-27 10:00-18:00
(neige+出展日は 4/25-26のみとなります)


♦ホームページ
♦neige+オンラインショップ
*メルマガはオンラインショップフォローで自動登録*
◆インスタグラム@neige__y
◆Twitter@yunyun_n7
 
f0023333_21113999.jpg f0023333_21584664.png
◆暮らしニスタ大賞2018 審査員特別賞受賞しました
◆LIMIA執筆中(DIY/ハンドメイド)

♦楽天ROOMにお気に入りを随時コレクション


\2019最新デコレクションズさんとのコラボキット/







































by amour___neige | 2019-02-09 23:40 | +内布付レッスンバッグの作り方 | Comments(0)

f0023333_2293831.jpg
レシピの公開から新学期の季節になると多くのアクセスを頂く
内布(裏地)がキルティング生地のレッスンバッグの作り方レシピです
底マチ付きのレシピになります
(2018.2 追記)

200万アクセスを記念して
いつもの感謝の気持ちを込めてた~っぷり時間をかけて
今回もレシピ公開いたしました~!!

今回はちょっと手作りする人には物足らない内容かもしれませんが
ちょこちょこっと小技を挟んでの紹介とさせていただきました

ハンドメイドがお得意な方も
これから挑戦しようと思ってる方にも是非お役にたてればと思います


今回のレシピは基本形はレッスンバッグとしていますが
縦横のサイズを変えればお好みのサイズで作ることができますので
是非これを機に内布付のバッグにチャレンジしてみてくださいね♪

***

最新レシピが公開となりました(2019.2.8)
かわいいキルティング生地を見つけたら是非裏地付きで作る時の
参考になさってくださいね



f0023333_2210543.jpg


(出来上がりサイズ:高さ約30cm 幅40cm 底マチ4cm 持ち手32)


174.pngまずはじめにご質問が多いので補足させてください
紹介中のレシピで仕上げますと
実寸サイズは

<高さ30 横幅(上辺 袋口部分)42cm (底辺 底部分)38cm>

となります


ただしこれは実寸で完成時のサイズは実際に図ると内布のキルトなどで微妙に変わってくるため

完成時のサイズを<縦約30cm 横40cm>とさせていただいています

レッスンバッグなどマチがある場合、横幅を底の辺か上の辺(袋口)かというところの

中間で、ちょうどいいサイズを今回のレシピとさせていただいています

例えば、横幅のサイズを底辺(底)で取る場合は、

実際のサイズでは上辺(袋口)は更に幅を増やす必要があるため

裁つ時は、<縦34cm 横幅46cm>となり

完成時のサイズは

30 横 上辺(袋口)が44cm 底辺(底)が40cm 底マチ4cm」なります


実際に作るとわかると思いますが、

この仕上がり時の袋口の部分の44cmが小さなお子様が持つにはとても大きく

ほんの2cmの差ではありますが、中間をとったということになります


ただ、園指定のサイズではないといけない場合は底マチを作らない方法で作るのも

一つの手段かなと思います

底マチのない「たて30×よこ40」のレッスンバッグを作る場合

「たて32cm よこ42cmを2枚(縫い代1cm込み)」が必要となります

指定サイズ⇒「たて+2cm×よこ+2cm」(両サイドに縫い代が1cmずつ必要なため)



<レシピに合わせた内布キルティングの用尺>

キルティング生地は50cmの用尺があれば横方向にして使うことができます

縦地方向に使う場合は70cmとなります。

70cmあれば残った生地でもシューズケースもできます


いずれの場合も、底を「わ」にして作るので

裁つときのサイズは「たて66× よこ44 (縫い代1cm込み)」となります


ただ、キルティングは底がごわつきやすいので、表の布と全く同じサイズより

1cmほど少なく、この場合は「たて65cm×よこ44cm(縫い代1cm込み)」とするとさほど気にならなくなります


110.png裏技な方法ですが是非合わせてお試しくださいね


****************************


尚、こちらでは持ち手の仕上がりサイズ32cmにしていますが
30cmにするなど、お子様の成長や用途に合わせてお好みで変更してみてください


f0023333_23193853.jpg


まずはメインとなる50cmの表布を用意します

幼稚園バッグなどを作るとき、キルティングでなかなかこれという生地がみつからない場合
内布をキルティング生地に変える方法もお勧めです
今回はその方法で紹介しました


まず、生地の耳を切り落とします
(画像で赤い線の部分です)
ここを含めて裁断するとどうしても寄れが生じてしまうので
使う生地の素材にもよりますが、おおよそ1,5cm切り落とします

今回は柄に合わせて耳を裁断しました

f0023333_22121732.jpg

サイズを揃えてからスタートです
今回は柄を生かして作っているので、ポケット不要な場合は
「表面ポケット」の裁断の必要はありません

f0023333_09312029.jpg

ポケット口のみ縫い代2cmで、他は縫い代1cmとなります
f0023333_14265415.jpg

縫い代 1cm




+ 表面・背面サイズ : 縦 34 横幅 44
+ 内布キルティング : 縦 66 横幅 44
+ 持ち手2本    : 長さ34 幅 10
+ 表面ポケット   : 縦 23 幅 44

今回生地は45cmからの裁断となりましたので
ハギレを生かしてみました(最後に紹介しています)

購入した生地幅で残らない場合もあるので参考までにどうぞ

持ち手はカバンテープというアクリルテープがあるので
別で準備される場合はパーツの裁断と作り方は飛ばしてください

f0023333_2216634.jpg

まず最初に持ち手を34cm2本作ります
(持ち手の長さはお好みで変えてください。)
こちらは縫い代記入不要なので最初に作ってしまいます

半分に折り、折り目を付けます

一旦広げて最初に付けた折り目に合わせて上下の布を畳み4つ折りにします

f0023333_2217361.jpg

待ち針で数か所とめて、布の端から1cm先に針を落とし
返し縫いをしてから直線縫いスタート

返し縫いボタンは押し続けて進み、指を離すと止まります

f0023333_22172665.jpg


持ち手のステッチは端から2mm位のところが目安なのですが
このギリギリなステッチでは針が落ちてしまうこともあるので

そういう場合に役立つのがマスキングテープ

ミシンにもガイドラインはあるけど、一番欲しいのがこの部分

これをすると不思議とまっすぐきれいにバランスよく縫えます
ただし、縫う時は針を見ないように、マステと布の位置を確認しながら縫い進めてください

針を見るとどうしてもミシン目が安定しません
ちょっと勇気いるけど試してみてくださいね
これが結構不思議なくらい綺麗な仕上がりになります

特に黒や紺色など色の濃いものてでミシン目が確認しずらい布を扱う時は
この方法がとっても役に立ちます

年齢を重ねるとどうしても不自由になってくる目
それでもミシンを続けるにはこういう工夫を知ってるだけで
糸通しだけでなくストレスも減ってくるかと思います
この方法は自分が教える講習でも役に立ててます ^^

f0023333_2222462.jpg


そして両サイド同様にステッチを入れて2本完成


持ち手が完成したところでメイン生地の準備です

f0023333_09312029.jpg

ポケット口のみ縫い代2cm 他縫い代1cm


*用意した表地の生地。パーツ3つ
表にポケットを付けない場合は、表面 背面パーツのみ2つ用意します

画像に記載されている赤い線のみ縫い代線を記入します


f0023333_2222494.jpg


直線の縫い代線を記入する時、あると便利なのがこの透明なマス付の定規
そしてシャーペンタイプのチャコペンです

定規は100円ショップで30cmと50cmのものがあるので
一つ揃えてあると便利なので是非見つけてみてくださいね ^^

その話を生徒さんにすると毎回驚かれます(笑)
侮れません今どきの100均


クローバーさんの正規品も軟らかくお勧めです

チャコペンは色もピンクブルー黄色、そして私が一番使う鉛筆色もあります


f0023333_22262127.jpg
縫い代1cm

*用意した内布の生地。パーツ2つ
キルティング、ポケット生地

+ キルティング地 : 縦 66 幅 44 
+ 内ポケット   : 縦 32 幅 22


f0023333_2228529.jpg


”わ”にした状態で底の部分は画像のサイズで裁断します

”わ”にした状態で切り落とす場所のサイズの計算方法
(底マチにしたいサイズ-2)÷2 =画像①の部分
①+1=画像②の部分

この作品の場合、
(完成時の底マチのサイズ4-2)÷2=1(①のサイズ)
1(①のサイズ)+1=2(②のサイズ)

作りたいサイズに置き換えて計算して底マチを作ってみてくださいね ^^

”わ”ではない場合の底マチの計算方法は
(底マチにしたいサイズ-2)÷2+1=①
①=②

例えば、今回の内布が1枚でなく2枚で仕立てる場合
(底マチにしたいサイズ4-2)÷2+1=2(①のサイズ)
2(①のサイズ)=2(②のサイズ)

私の独自の計算方法なので専門的にはわかりかねますが
この計算方法を覚えておくと、いろんなサイズで底マチができるので参考になればと思います



f0023333_14265415.jpg

縫い代1cm

広げた状態
”わ”の位置を確認できましたでしょうか

以前講習中に”わ”ってどういう意味ですか?と質問を頂いたので
今回細かく説明に加えました ^^


f0023333_222855.jpg


まず表面の外ポケットの口の部分を縫います
(ポケットを付けない方は飛ばしてください)

縫い代線はこの部分だけ2cmになります
縫い代線に合わせて布を折りたたみ3つ折りにしてステッチを入れます

こちらもガイドにマステを使用します
f0023333_22322025.jpg


縫い終えたところ


f0023333_22325622.jpg


これを表生地パーツ①に周囲を仮縫いで縫い合わせるために待ち針でとめます
このポケットの高さの位置が両サイド同じ場所に来るように切込みを入れておきます

チャコペンでしるしをつける方法もありますが
”ノッチ”と呼ばれる合印の切込みは裏からも表からも確認できるのでもとっても便利です

f0023333_22331994.jpg


場所が決まったら早速縫っていきます
順番はまず底を縫ってから両サイド、上から縫います
この時布目の幅は3mm以上にするとスムーズです 
お手持ちのミシンで設定が変えられるようでしたら試してみてください

f0023333_22361273.jpg


縫う場所は縫い代内5mmほどです

f0023333_22355039.jpg


縫い終わったらポケットの中心部分に仕切用のステッチをいれます
この時水で落ちるチャコペンなどを使うと便利です




f0023333_22374262.jpg


縫い始めは下から

ポケット口まできたら針が落ちたところで回転させて逆戻りしながら重ねて縫います
こうすることでポケット口の解れが防げます

(レースを挟む場合は挟み込む分縫い残してターンします)

f0023333_22381330.jpg


レースは付けてもつけなくてもいいですが、今回はアクセントに加えました

縫い線を中心にレースを合わせて待ち針で留め

f0023333_22385468.jpg


ぐるっと1周縫い合わせます
レースはできるだけ端を縫うとヒラヒラ部分が落ち着きます
f0023333_22391218.jpg


これでようやく表地の表側生地が完成です

f0023333_22393618.jpg
縫い代1cm

画像のように表あわせにして、底の部分の縫い代を縫い合わせます


f0023333_22401068.jpg


次に底マチの部分を作っていきます
これは以前紹介した”バネポーチの作り方”に登場する折りたたみ法です

今回底マチの大きさを4cmに設定したのでその半分2cmが基準となります
両サイドに縫い合わせた場所から2cmの位置に合印の切込みを入れます

底の生地が蛇腹の中心に、切り込んだ部分が底に来るようにたたみます

f0023333_2242337.jpg
縫い代1cm

この状態で待ち針でしっかり留めて上から縫い代線に合わせて縫います
反対側も同様に縫い代線に合わせて同じ方向から縫います

f0023333_2242225.jpg


これで表地完成としたいところですが
もう一つの手順、ここで持ち手を付けます

表地が袋状になった裏の状態のまま2枚重ねた状態で
画像のしるしの場所に合印の”ノッチ”をいれます
中心から6cmずつの”ノッチ”です

f0023333_22434781.jpg


それに合わせて持ち手を合わせ5mmのところで仮縫いします

持ち手は縫い合わせのほうが外側に来るように合わせます
また、縫い目がきれいな面を表面に合わせるといいです

この方法で縫い合わせると持ち手のずれが解消されます
しるしだけだと縫い合わせるときどうしても微妙にずれてしまうのですが
この切込みがあるとスムーズです

今回レッスンバッグなど幅の広いものだったので12cmとしましたが
バッグの幅に合わせて15cmにしたり10cmにしてくださいね

持ち手が付いたところで表袋の完成です

表に返したい気持ちを抑えてこのままの状態にしておいてくださいね ^^


*内布の制作

f0023333_22444186.jpg
縫い代1cm


まずは内ポケットを作ります
今回紹介するのはとってもシンプルな作り方なので是非試してみてくださいね 

まず画像の通り返し口を残して縫い合わせます

f0023333_22452317.jpg



返し口から表に返す時は
角を折りたたんで、指で押すように表に出すと目打ちを使わなくても
かなりきれいな状態で角がでます

この方法はコースターなど角のあるものを作るときに有効です ^^
角を切り落とす方法もありますが、私は断然この方法をお勧めします
ただし厚みのある生地などは切り落としたほうがいい場合もあるので
用途に応じて試してみてくださいね

f0023333_2246024.jpg


内布にも同様、中心に”ノッチ”を入れておきます
ポケットの位置は今回は上から6cmの場所にしました

3か所くらいしるしをつけて待ち針で留めぐるっと縫います
ちなみにポケットの返し口は縫わず、内袋本体に縫い付ける時に一緒に閉じます

f0023333_22481313.jpg


基本系のポケット口の縫い方は三角にして下書きを書いておくととっても便利

f0023333_22491235.jpg
縫い代1cm

ポケットがついたら、裏にしてたたんで両サイドを縫います
縫い始めは常に上からになるように、縫い代のしるしは表裏右側だけです

この時一か所返し口を作っておきます

f0023333_225135.jpg


底マチはあらかじめカットされているので、それに合わせて1cmの縫い代で縫います
今回4cmのマチだったのでちょっとわかりにくいですが
マチが大きくなればなるほど便利な方法です ^^

f0023333_22512852.jpg


そして完成したら表に返します

f0023333_225145100.jpg


先ほど完成した表地を準備し、ポケット側が表地の背面になるように
袋の中に入れます
これが表あわせです

この時、目に見えるものは両面とも縫い代が見える裏側の状態です

ここでサイドの縫い合わせを綺麗に始末する方法を紹介します

f0023333_22521365.jpg


画像のように縫い代を開かず交互に倒します
こうすることで厚みが均等になり、縫う時のずれも軽減されます

今回キルティング生地だったので厚みが均等になることはなかったですが
小技紹介のためこのようにしました
それでもこのくらいの厚さならばこの方法がお勧めです

f0023333_22524531.jpg


待ち針でしっかり留めてぐるりと一周縫い合わせたら裏にして広げます

f0023333_2253361.jpg


先ほど作った返し口から布を引っ張り出して表に返し形を整えます

f0023333_2253226.jpg


先ほど交互に縫い代を倒して縫い合わせた部分です
これだけキリッときまるから不思議です ^^

先ほど表の生地を蛇腹にした部分はこんな風になるんです
畳み込んで縫い合わせただけでこんな便利なマチが自動的に完成なんて
知っておくと便利な技ですよね ^^


私も初めてこれを見たとき、洋裁のお仕事をしている友達に
作り方を教わって初めて作ったときは感動しました~!

ポシェットなど作るとき便利な方法です
三角の部分を縫い合わせたり、ボタンを付けてアクセントにしてもいいですよね ^^

f0023333_22545216.jpg


さぁここまできたらあと一息です
頑張ってください

アイロンで形を整え、待ち針でふくらみを抑えてから口の部分にステッチを入れます

f0023333_22562454.jpg


やっぱりマステを用意して5mmくらいにステッチを入れます
私は大抵ミシンパーツのぽつっと凹凸のある部分を目安にしています
(画像で赤い○で囲まれた部分です)

そして更にもう1本。
3mmほど間隔を置いてステッチをいれると持ち手もしっかり留まるのでお勧めです

f0023333_22571445.jpg


最後に内布に残した返し口を”コの字閉じ”でまつります
この方法は以前も紹介した”シュシュの作り方”に詳しく掲載しています

わかりやすく縫い合わせた部分がわかるようにしてみました

これをキュッとひっぱると

f0023333_22581059.jpg


あら不思議~♡
縫い目が見えません♪

f0023333_22592219.jpg


そしてこれにて無事完成!!

f0023333_22595710.jpg


背面は柄の配置違いです♪


お疲れ様でした♪
でももうちょっと頑張っちゃう!?って方には
続き。。。

f0023333_22584519.jpg


おまけですが

裁断した際に持ち手のサイズに合わせてカットして残った端切れを使って
可愛いアクセントのリボンを作ってみました

f0023333_2259822.jpg


まず横半分に返し口を残して縫い合わせます

縫い代を割って画像のように広げて両サイド縫います
返し口から表に返し、口を閉じたら蛇腹に折りたたんで縫い合わせます

レースをボンドで止めたら完成です♪
f0023333_2311950.jpg


ブローチピンを付けるといろんな場所にアクセントにもなります
ヘアゴムを縫い合わせると可愛いヘアアクセサリーにもなったり 
是非端切れも無駄なく使ってみてくださいね♪


今回はベーシックな形を元に初めての方でもわかりやすく馴染みのあるデザインにしました
ただ、失敗した~ ><と思ったのは生地選び。。。
黒は縫い目も表現しずらくて ^^;
やっちゃったかなぁ。。。と思いましたが
ポイントポイントで少しでも参考になれば嬉しいです

少しできるようになったら、内布のキルティングに表の生地を少し合わせて切り替えにしたり
マグネットボタンを付けたり
いろんな方法があるので是非いろいろ研究しながらチャレンジしてみてくださいね

ご質問はメールやSNSなどからいつでもお気軽にどうぞ

by yunyun





♦ホームページ
♦neige+オンラインショップ
*メルマガはオンラインショップフォローで自動登録*
◆インスタグラム@neige__y
◆Twitter@yunyun_n7


 
f0023333_21113999.jpg f0023333_21584664.png
◆LIMIA執筆中(DIY/ハンドメイド)

♦楽天ROOMにお気に入りを随時コレクション



*2018最新デコレクションズさんとのコラボキット*



<著書紹介>
  
*猪俣友紀のまいにちの布こもの(楽天BOOKS)
*100円アイテムで作る簡単リメイク収納&インテリア(楽天BOOKS)

<共著掲載誌一覧>
掲載誌一覧はこちら(過去から現在までの掲載紙一覧とリンク集)


by amour___neige | 2013-07-10 23:07 | +内布付レッスンバッグの作り方 | Comments(50)

yunyun(猪俣友紀)ヴォーグ学園講師。心地よい手作りの時間と暮らしの中のDIYを日々楽しんでいます。千葉県在住。


by yunyun
カレンダー